2005年08月28日

ネバリノギラン

ネバリノギラン Aletris foliata


ネバリノギランは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地帯〜亜高山帯の草地に生える多年草です。ユリ科ソクシンラン属(Aletris)に分類されています。草丈は花茎がのびた状態で、20cm〜40cmほど。ときに50cmくらいにもなります。葉は根もとからそう生します。長さ10cm〜25cm、幅1cm〜2cmの披針形で、先はとがっていたり、あまりとがらなかったり。

よく似た「ノギラン」ですが、こちらは以前は「ノギラン属」という別属に分類されて、「Metanarthecium luteoviride」という学名になっていることもありました。しかし、これは異名として整理されたのでしょうね。現在は同じソクシンラン属に分類されて、学名は「Aletris luteoviridis」となっているようです。ノギランは粘らないし、花被片が開きます。花茎が枝分かれすることも多いです。

花期は6月〜8月。長さ20cm〜40cmほどの花茎をのばし、その茎には上部にいくにつれて小さくなる葉があります。茎の上部は総状花序になります。白っぽいような黄色っぽいようなつぼ形の小さな花がたくさん斜め上向きにつきます。花被片6個がくっついてつぼ形になり、先の方がほんの少し開くだけで、満開時でもほとんど蕾のような花です。花柄は1mmと短い。雄しべは6つ、雌しべはごく短いものです。

つぼ状の部分、つまり花被の長さは6mm〜8mmくらい。その花被の外側や花序の軸、1つ1つの花の柄の部分には「腺毛」があります。そのため、花茎を触るとベタベタと粘ります。それが名前の由来ともなっています。

果実は「さく果」で、花後には子房を包んでいる部分が楕円形にふくらんできます。その部分は膜のような感じで、長さは5mm〜6mmくらいです。

【和名】ネバリノギラン [粘り芒蘭]
【学名】Aletris foliata
【科名】ユリ科 LILIACEAE
【撮影日】2004/08/12
【撮影地】福島県檜枝岐村

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 19:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6324030

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。