2004年09月22日

タニソバ

タニソバ Persicaria nepalensis


地上4cmの紅葉。

タニソバは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山野の湿り気の多いところに生える一年草です。草丈はそれほど大きくならないことも多いですが、茎がよく枝分かれするので、横に広がった状態になります。葉は互生。長さ1cm〜3cmくらいの卵形。葉柄の部分には横に出っ張ったような「翼」があります。そして茎を抱きこむような形でついています。

さらに葉柄の付け根のあたりを見ると、「托葉鞘(たくようしょう)」という短い筒型の托葉があります。そこには軟毛が生えていることもあります。

タニソバは、もともと茎が赤く、秋になる前から下の方の葉が紅葉していることもしばしばですが、秋になるとよりいっそう赤みが増すのは確かなようです。写真の場合だと、秋の夕日を受けて、かなりの秋色ですね。通常は山地や畑地のやや湿り気のあるところに多く、草丈も10〜30cmぐらいにはなりますが、ここでは、2〜4cmほどでした。

【和名】タニソバ [谷蕎麦]
【学名】Persicaria nepalensis
【科名】タデ科 POLYGONACEAE
【撮影日】2004/09/16
【撮影地】山梨県山中湖村

posted by hanaboro at 12:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 秋味ぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

タニソバ@秋味ぶろぐ
Excerpt: 地上4cmの紅葉。 タニソバは、もともと茎が赤く、秋になる前から下の方の葉が紅葉していることもしばしばですが、秋になるとよりいっそう赤みが増すのは確かなようです。写真の場合だと、秋の夕日を受けて、か..
Weblog: 秋味ぶろぐ
Tracked: 2004-09-22 19:37

初めての運動会@秋味ぶろぐ
Excerpt: ユースケは幼稚園の年少さん。初めての運動会です。 運動会といっても、年少さんは
Weblog: pocket-park
Tracked: 2004-09-25 10:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。