2005年09月03日

ルコウソウ

ルコウソウ Ipomoea quamoclit


ルコウソウは、熱帯アメリカ原産のつる性の一年草です。以前はヒルガオ科ルコウソウ属(Quamoclit)に分類されていましたが、現在はサツマイモ属(イポメア属 Ipomoea)に分類されています。日本に入ってきたのは江戸時代初期のことで、現在でも観賞用に栽培されるほか、時おり人家周辺で逃げ出しています。茎はよく枝分かれして、他の草などに巻きつきます。長さは4m〜5mにもなります。

葉は互生。輪郭は長楕円形ですが、中肋の部分まで深く羽状に切れ込んで、裂片は糸状。羽毛のような魚の骨のような状態です。葉柄はほとんどありません。Quamoclit属としたときの種小名「pennata」は「羽状の」という意味です。朱色の花をつける「マルバルコウ (Ipomoea coccinea)」の葉は先のとがったハート形。ルコウソウとマルバルコウの交配によってできた「モミジルコウ(ハゴロモルコウソウ Ipomoea x sloteri)」は、ギザギザと掌状に切れ込んだ葉です。

花期は8月〜10月。葉の脇(葉腋)からヒョロリと細長い花序を出して、先に1つか2つ花をつけます。花冠は「高杯形」で、下部は細長い筒状で、上部は5つに裂け、直径2cm〜3cmくらいの星型に開きます。色は濃い紅色、白色、桃色。マルバルコウの場合は花冠の先は五角形に見えます。雄しべは5本、雌しべは1本。花冠より外に突き出ます。

【和名】ルコウソウ [褸紅草]
【学名】Ipomoea quamoclit (Quamoclit pennata)
【科名】ヒルガオ科 CONVOLVULACEAE
【撮影日】2005/08/17
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
マルバルコウ
モミジルコウ

■Trackback People : 蔓(ツル)植物



posted by hanaboro at 03:38| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、ryoryoと申します。以前からひっそりと拝見しておりました。
とても詳しく、書かれている記事ですね。
モミジバルコウソウのできる経緯がそういうものだったとは、ちょっと頭がよくなりました。
つたないコメントで、すいません。よろしくお願いします。
Posted by ryoryo at 2005年09月04日 06:37
*ryoryoさん*

お返事、遅くなってしまって、すみません。コメントしてくださって、ありがとうございます。以前からご覧いただいていたとは、うれしいです。

モミジルコウについては、そう言われているようですね〜。わたしも詳しく知っているわけではないのですけど。

とまあ、頼りないブログですが、よろしかったらまたお越しくださいね。
Posted by hanaboro at 2005年09月05日 10:56
hanaboro様、コメントありがとうございました。
コメントに感動してしまいました。
あんなにしっかりコメントしていただけるとは、しかも、ブログつながりというのは初めてな体験だったもので・・・。
今後も拝見させていただきます。
Posted by ryoryo at 2005年09月05日 14:00
*ryoryoさん*

再びコメントいただいて、ありがとうございます!そうなんですよね〜、不思議な感覚ですね。わたしもはじめてブログにコメントをいただいたときは、とても感動しました。それこそ有頂天になってしまいましたよ。

これも何かのご縁ってことで、末永くよろしくお願いしますね。
Posted by hanaboro at 2005年09月05日 19:47
こんばんは。
ルコウソウにも色々あるのですね〜。
私の実家でも育てていますが、どうやらモミジルコウソウのようです。
この「魚の骨」(←いい表現ですねw)のような葉っぱ、ステキですね〜。
来年あたり 種をGETして育ててみようかしら♪
Posted by 花mame at 2005年09月05日 20:06
*花mameさん*

こんばんは〜。
そうですね〜、ルコウソウの仲間は、葉の形と花の色や形に違いがありますね。ふふっ!どもどもです。魚の骨タイプは夏の青々した葉がいいなあと。モミジタイプだと紅葉したときがいいなあと思いましたよ。

花mameさんはどのタイプの種をGET?
また、来年が楽しみですね!
Posted by hanaboro at 2005年09月05日 21:56
こんばんは。
またきてしまいましたが、「ルコー草」っていままで書いてました。どっちでもいいんでしょうか?
うちでは今成長中です。
http://derochan3.exblog.jp/i94
星の形のかわいい花ですよね、大好きです!!
関係ないですが昨日サツマイモ花を初めて見ました。
Posted by derochan3 at 2005年09月05日 22:22
*derochan3さん*

星型の花、かわいいですね。ナス科の花にも多いかな。

表記の仕方はいろいろだと思いますが、わたしの知っている限りでは、「ルコウソウ(褸紅草)」という表記が一般的だと思います。「ルコー草」という表記は知りませんでした。学術論文でも書くのなら、しかるべき根拠が必要でしょうが、そうでもなければ、どう表記するかは自由なのではないでしょうか。

例えば、文学的な作品に記す場合なら、漢字やひらがなでもよいでしょうし。園芸種の場合、英名や学名がそのままカタカナ表記される場合もあれば、あるいは古名や方言名、中国名のことも。明らかに間違った名前を用いなければ、Web siteでの表記は、その内容によって、管理者の考えで決めてよいのではないでしょうか。
Posted by hanaboro at 2005年09月06日 17:52
うふふ。
もちろん「魚の骨」です♪
Posted by 花mame at 2005年09月06日 22:59
*花mameさん*

やっぱり!そう思いました〜♪
そうだっ。「魚の骨」といえば、「オケラ」もそんな形してます。といっても、こちらは「苞」の形なんですけどね。自分の過去記事で恐縮ですがオケラは↓です。

http://boroboro.seesaa.net/article/698233.html
Posted by hanaboro at 2005年09月07日 10:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。