2005年09月05日

ママコノシリヌグイ

ママコノシリヌグイ Persicaria senticosa


ママコノシリヌグイは、日本全土に分布し、山野の道ばたや林縁部などのやや湿り気の多いところに生育する一年草です。草丈は1mほど。タデ科タデ属(Polygonum)、またはイヌタデ属(Persicaria)に分類されています。また、花や葉の形など、「ソバ」に似ているところもあるので、「トゲソバ」の別名もあります。

茎や葉にトゲがあって、これがあるのに気づかずに草むらに入ると、ガリッと切り傷を作ってしまいます。茎のトゲは下向きですから要注意。茎はトゲがあることによって、よく他のものに寄りかかってのびています。よく枝分かれもするので、この植物の生育地は何がどうなっているのかわかんないような草やぶになります。名前の由来はこのトゲによるものですが、なかなかこんな名前は思いつかないですよね。実際にそのように利用したわけではないでしょうけど。使う方も痛そうだし。ちなみに、学名の種小名「senticosa」には、「トゲの密生した」という意味があります。

ママコノシリヌグイ Persicaria senticosaママコノシリヌグイ Persicaria senticosa


葉は互生。長さ5cm前後の三角形。先はとがっています。よく似た種の「アキノウナギツカミ」の場合は、葉の形はつけ根がやじり形になった細長い披針形です。葉の質は薄く、緑色で、しばしば赤みを帯びています。茎や葉柄も赤みを帯びることが多く、葉柄や葉の裏面の脈上にもトゲがあります。

タデ科の植物には、「托葉」が鞘状になった「托葉鞘(鞘状托葉)」という葉の付け根の付属物があります。托葉鞘は茎を抱き込むようについていますが、ママコノシリヌグイの場合は、上部は緑色の葉状で、腎円形をしています。その部分は幅は1cmくらい、葉の付け根にある丸っこいものがそれです。アキノウナギツカミの場合は托葉鞘が葉状にならず、「イヌタデ」などと似たような筒状、かなり長い筒です。

花期は5月〜10月。枝先に10個前後集まってつき、「金平糖」のような状態になります。花序の下の部分にも何か生えているのですが、それはトゲではなく、「腺毛」です。花被は5つ、先の方は紅紫色、下の方は白色です。1つ1つの裂片は楕円形で、長さは3mm〜5mm程度。「イシミカワ」だと花被片は淡い緑色で、ごくわずかにしか花が開きませんが、ママコノシリヌグイはそれなりに花被が開きます。花被は花が終わった後、閉じて果実を包み込みます。果実は「そう果」で長さは3mm。黒色で丸みのある3稜形です。

【和名】ママコノシリヌグイ [継子の尻拭い]
【別名】トゲソバ
【学名】Persicaria senticosa (Polygonum senticosum)
【科名】タデ科 POLYGONACEAE
【撮影日】2005/08/17
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 野草people



posted by hanaboro at 19:50| 東京 ☔| Comment(10) | TrackBack(2) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この花を見かけるたび、ひどい名前だなと思い、その可愛らしい花にカメラを向け・・・を繰り返してます。
別名トゲソバ、なるほど。
今度から、この名前を使おうかな。
Posted by waiwai at 2005年09月06日 21:06
*waiwaiさん*

本当、ひどい名前ですよね〜。この草を見てそういう発想はできないので、ある意味すごいなあとは思うのですが、でもあんまりだぁとも思います。おかげで一発で覚えてしまいましたけれども。

「ソバ」はタデ属になっていたこともあるようですが、どうやら別属(Fagopyrum:ソバ属)のようです。でも似ている部分がありますよね。トゲソバの方はヒョロ長くてトゲトゲですけどね!
Posted by hanaboro at 2005年09月07日 09:52
今日、ママコノシリヌグイだ!って思って、ピンクのお花を撮ったのですが、残念ながら1枚撮ったところでバッテリー切れしてしまいました。
家に帰ってから図鑑を見て、「いや、ミゾソバかしら?」と思い、明確に見わける方法は?って思案しています。
葉っぱの形と言っても〜…(^^;)

明日また行ってくる予定です!
Posted by nancy at 2005年09月21日 23:33
*nancyさん*

バッテリー切れは悲しいですよね〜。わたしのコンパクトデジカメなんて、あっという間に切れてしまいます。古い機種でなかなかピントが合わなくて、電池ばかりくっちゃいます。

確かに、ママコノシリヌグイとミゾソバは似てますよね〜。葉を見る場合は、ママコノシリヌグイの方が、ミゾソバよりも直線的で、とがったような印象があると思います。ミゾソバはちょっとふくらみがあってカエルみたいな感じです。ウシノヒタイなんて別名もあります。

生育環境によっても違ってくるとは思いますが、ママコノシリヌグイの方がひょろ長いことが多いと思いますよ。
Posted by hanaboro at 2005年09月22日 01:09
こんにちは〜!
昨日、ママコノシリヌグイ、確認してきました!
うちのデジカメも、ピントは合わないわ、電池くうわ、ほとほと…。
そういえば、一年くらい前、充電電池を充電器ごと買い換えたんですよ。満充電できるできるタイプに。
そしたら、だいぶ違う感じです。
Posted by nancy at 2005年09月24日 09:54
*nancyさん*

お返事遅くなってしまって、すみません。
今、nancyさんの記事、拝見してきました。確認されるまでの過程、細かく記しておられて、おもしろかったです。

デジカメの充電器、バージョンアップってできるものなんですね〜。自分のデジカメは、真冬に使っていると、一度眠ったら、なかなか起動してくれないんですよね。今年は何か方策を考えないと。。。
Posted by hanaboro at 2005年09月26日 10:25
はじめまして。
「ママコノシリヌグイ」を検索していて、こちらにたどり着きました。
とっても詳しい説明で、勉強になりました。
我が家の畑のまわりにたくさん咲いています。
母は「コンペイトウ」と呼んでいます。
お花はかわいいですが、棘が痛そうですね。
私のblogとTBさせてくださいね。
よろしくお願いいたします。
Posted by 木曽駒 at 2005年09月27日 20:09
*木曽駒さん*

ようこそ、いらっしゃいませ。
たどり着いていただいて、うれしいです。

「コンペイトウ」っていうのは、かわいくて良いですね。花は確かにかわいいですし、ママコノシリヌグイでは、あんまりですもんね〜。

トゲはうっかり触っちゃうと痛いですよ。ガリッとやっちゃいますから、畑の草取りのときは、気をつけてくださいまし。
Posted by hanaboro at 2005年09月27日 20:43
hanaboroさん、先日はご指摘ありがとうございました。
今日やっと確認に行ってきました。
やはりご指摘のとおり、「ミゾソバ」だったようです。
葉っぱをよ〜〜くみたら、「ウシノヒタイ」の形でした。

今日私のblogに訂正の記事を載せました。
これからもいろいろご指摘お願いいたします。
Posted by 木曽駒 at 2005年10月01日 21:49
*木曽駒さん*

ミゾソバでしたかぁ〜。ちょっと自信なかったので、失礼なコメントになっちゃったなぁと心配していました。

ママコノシリヌグイとミゾソバって、よく似ているんですよね。木曽駒さんの記事、2つの特徴がよくわかって、Goodですね〜!
Posted by hanaboro at 2005年10月03日 10:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ママコノシリヌグイ (継子の尻拭)
Excerpt: 家の近くにちょっとした坂道がある。短いが、斜度が結構きつい。自転車で下りると、
Weblog: 今日も夢中で!
Tracked: 2005-09-24 02:07

コンペイトウ
Excerpt: 昨日、モコ嬢との散歩の途中でみつけました。 ちょど畑で草取りをしていた母に「何だろう?かわいい花だね。」と指差すと、 「あぁ、コンペイトウだよ。」との答え。 「エッ?コンペイトウ?」 「昔子供の頃、そ..
Weblog: 木曽駒の麓から
Tracked: 2005-09-27 20:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。