2005年09月20日

ムラサキエノコログサ

ムラサキエノコログサ Setaria viridis  f. miseraムラサキエノコログサ Setaria viridis  f. misera
2005/09/17 稈の下部が赤っぽいことも

ムラサキエノコログサは、「エノコログサ (Setaria viridis)」の分布と同じで、北海道、本州、四国、九州に分布し、日当たりのよい道ばたや空き地、河原など生育しています。一年草で、草丈は20cm〜50cmほど。花期は8月〜11月。夏から咲いていますが、イメージとしては秋の草むらの代表的存在です。

ムラサキエノコログサは、イネ科エノコログサ属(Setaria)の植物で、エノコログサの一品種として取り扱われています。ここでいう「品種」というのは、「種」より下の分類階級の1つということで、「園芸品種」という場合の品種とはまったく違う概念のものです。また、種より下の分類階級には「亜種」、「変種」、「品種」などがありますが、中でも品種となっているものは、母種との違いがそれほど明瞭でないことや、生えている毛の多少、白花など色の違いという程度のことが多いです。

ムラサキエノコログサ Setaria viridis  f. miseraムラサキエノコログサ Setaria viridis  f. misera
2005/07/16 まだ花穂が垂れ下がっていない

ムラサキエノコログサの場合は、花穂のツブツブ、これを「小穂」といいますが、その小穂の基部に生えているフサフサした剛毛の色が紫褐色を帯びています。それによって、花穂が紫褐色に見えています。エノコログサだとその剛毛が緑色です。両者の違いは、この剛毛の色という点だけとされているようです。ツブツブの小穂の大きさも差はないでしょう。

小穂の大きさは、同じエノコログサ属の「キンエノコロ (Setaria pumila)」や「アキノエノコログサ (Setaria faberi)」に比べてエノコログサやムラサキエノコログサは小さいです。特にキンエノコロはとても小穂が大きく、遠めにもブツブツしているのが目立ちます。そして、アキノエノコログサの場合は、花穂が明らかに垂れ下がります。エノコログサもちょっとは垂れ下がりますが、やはり小穂の大きさが違っています。ムラサキエノコログサも、夏の早い時期のものはまだあまり垂れ下がらないですが、初秋のころにはアキノエノコログサほどではないですが、エノコログサと同じくらい少し垂れ下がり気味になっていることも多いです。

エノコログサとアキノエノコログサの違いがわからないときは、まず、明らかに垂れ下がっているものと、垂れ下がっていないものを見つけて、両者を見比べてみます。そうすると、小穂の大きさの違いがわかると思います。それで、小穂の大きさの感じをつかむと、どちらか一方しかなくて、微妙な垂れ下がり方のときでも区別できるようになると思います。見慣れれば簡単なので、まだよくわかんないよ!という場合はチャレンジしてみてください。

【和名】ムラサキエノコログサ [紫狗尾草]
【学名】Setaria viridis f. misera
【科名】イネ科 GRAMINEAE (POACEAE)
【撮影日】2005/07/16、2005/09/17
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 野草people

■当ブログ内関連記事
エノコログサ

posted by hanaboro at 17:03| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 茎など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事を前に読んでいたのに、10月2日に紫色のエノコログサを見て、おかしい、エノコログサの形なのに、どう考えてもチカラシバじゃないのに、なんだろうこれは、とずうっと疑問に思っていました。

さっきGoogleで「紫のエノコログサ」で検索したら1件だけヒットして、そこの文章を読んでから「ムラサキエノコログサ」で検索したら、ここに1番にたどり着いたので、苦笑してしまいました。

だって、自分の持っている本に出てないもん、と思って『校庭の雑草』を念のため、今、開いてみたら、「ムラサキエノコロはエノコログサの一型で、穂の刺毛が赤紫色をしている」と出ていました。んがあ〜〜!
Posted by 混沌 at 2005年10月11日 00:46
*混沌さん*

そうそう、「ムラサキエノコログサ」は「エノコログサ」の1タイプですね。学名も「f.(forma)」つまり、品種レベルってわけです。だいたい品種になるものは、母種との違いがあまりおきくない場合ですね。ムラサキエノコログサにしても、図鑑によっては、特に取り上げられていないこともあるでしょうね。

反対にチカラシバの方は、普通は紫色っぽいですけど、緑のもたまにあって、そっちは品種でアオチカラシバというそうですよ!
Posted by hanaboro at 2005年10月11日 11:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

???????泣???????潟??違?
Excerpt:
Weblog: 綺??Τ絲
Tracked: 2005-10-14 03:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。