2004年10月01日

クサボタン

クサボタン Clematis stans


クサボタンの分布は本州なのですが、四国、九州では「ツクシクサボタン (Clematis stans var. austrojaponensis)」や「オオクサボタン (Clematis speciosa)」が見られます。草丈が1m程度の多年草で、山地の林縁や草地などに生えています。写真ではわかりませんが、葉の形が「ボタン」に似ているのでこの名前がつけられたそうです。学名の「Clematis」からもわかりますが、園芸植物の「クレマチス」に近縁です。国内の野生種で同じ属の仲間には、「ハンショウヅル (Clematis japonica)」、「センニンソウ (Clematis terniflora)」、「ボタンヅル (Clematis apiifolia)」などがあります。

花は8月〜9月、茎の先や葉の葉腋(ようえき:葉の付け根)から出た枝の先に、たくさん咲きます。淡い紫色の花(ガク片)は、細長い釣鐘形で下向きにつき、先端の部分は外側にくるりと巻いたように反り返ります。道路脇の崩壊地などで群生して咲いているときは、独特の雰囲気ですよ。あたりが、白っぽいような青っぽいような感じで。

写真では、下にわずかに花が残っていますが、すでに傷んで色あせてしまっています。その代わり、上のほうにはまだ未熟ですが種子が実っていますね。この感じは、豪華さはありませんが、やはりクレマチスに似ているところがあります。周りに3本ほど立っている茎は葉っぱがついていたのでしょうか。途中で折れているようです。葉の付け根辺りで折れたとしたら、その折れてなくなった部分には、1つの茎に3枚の葉(小葉)がついていたはずなのですが。。。

【和名】クサボタン [草牡丹]
【学名】Clematis stans
【科名】キンポウゲ科 RANUNCULACEAE
【撮影日】2004/09/16
【撮影地】山梨県山中湖村

■TrackBack
→「ごまのはぐさのこまごまことのは」さんの記事「くさぼたん 草牡丹 キンポウゲ科

水色のクサボタンの花の美しいお写真と、管理人のごまのはぐささんの観察に基づいた解説でクサボタンを堪能できます。

posted by hanaboro at 20:39| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(5) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タンポポが好きで、綿毛といえばタンポポ!とばかり思っていましたが、花の後に綿やヒゲのようになる植物はいろいろあるんですね……。
このごろ、それらを見つけるのが楽しみになりました。
Posted by ひなっぺた at 2004年11月02日 13:09
■ひなっぺたさん
タンポポってかわいいし、みんなにおなじみで、まさに「綿毛」の代表格!形もきれいに整ってるし、ってわたしも思ってましたよ。

でも、近頃、ひなっぺたさんに影響されて、いろんな「綿毛」が気になってきましたよ〜。この花にも綿毛があったんだなって、改めてビックリしたり。そのうち「綿毛図鑑」なんてできたらいいですね〜。

「綿毛」って、楽しいですね。どこに飛んでいくのかわからないから、何となくドキドキしちゃいますし。
Posted by hanaboro at 2004年11月02日 18:52
hanaboroさま 初めまして。
ブロガリという僻地に生息するひよっこの
ごまのはぐさと申します。
博識な hanaboroさまの記事を参考にさせていただきたく、
こちらの粗末な記事とリンクさせていただきました。
ご迷惑ならお知らせくださいませm(__)m。

Posted by ごまのはぐさ at 2005年02月19日 10:40
*ごまのはぐささん*

はじめまして。実は先ほど、ごまのはぐささんのところにおじゃましましたら、ついつい見入ってしまって、小一時間ほど居座ってしまっていました。そうしたら、ごまのはぐささんの方が先にこちらにコメントしてくださってたのですね。気づくのが遅くなってしまって大変失礼しました。こちらからも後ほど、TBさせていただきたいなと思っています。

こちらの方こそ、稚拙な記事でお恥ずかしいです。博識なんてことは全然なくて、赤面しております。迷惑なんてことも、まったくありません。細々とやっているブログを見つけていただいて、トラックバックしていただけてとても嬉しいです。「ブロガリ」サクサクと軽快に動作するようですね。羨ましいです。こちらはどうも重ためなもので。

ごまのはぐささんのブログ、豊かな経験をお持ちなんだなと感じました。ごまのはぐささんみたいに実体験に基づいた記事が書けるようになりたいと思っています。未熟者ですが、これからもどうぞよろしくお願いします。
Posted by hanaboro at 2005年02月19日 16:03
hanaboroさん こんばんは。
私のほうは、知識がなくて苦し紛れにって分が多いです。ネタを搾り出すのに四苦八苦です。もうじきメッキが剥がれますよ。
こちらのサイトは内容が充実していますので、じっくり勉強させていただこうと思います。
こちらのトップで紹介させていただきますので文面がおかしかったらご指摘下さいね。

Posted by ごまのはぐさ at 2005年02月19日 23:03
*ごまのはぐささん*

身にあまるご紹介をいてだいて、驚きました。でも、とても嬉しく思います。どうもありがとうございます。文面がおかしいなんてことは、まったくありませんよぉ。ただただ、あっちこっちくすぐったくなっておりますけれど。

ごまのはぐささんみたいに深〜い記事を書かれる方でも、四苦八苦されることあるんですね。何だか少しほっとしたような。なんてことを申しては、失礼でしたね。

こちらの方こそ、あっという間に、化けの皮が剥がれてしまいますよ。え?もう剥がれていましたか。こんな調子で、シャキッとしないブログですが、どうぞよろしくお願いします。こちらの方こそ、勉強させてくださいね。
Posted by hanaboro at 2005年02月20日 23:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

■仙人現る!?
Excerpt: やや!これは何だ? 中国武術の使い手みたいな形だ。   息子の友達のお宅で見つけた植物です。 …ここは確か白い花が咲いていたはず。 (マイピクチャーの先月のフォルダをごそごそ。)     ありまし..
Weblog: ひなっぺた通信
Tracked: 2004-11-02 13:04

くさぼたん 草牡丹 キンポウゲ科
Excerpt: <font color="" size="2"> 夏から秋に信州の山間で車を走らせていると、草の茂った車道の法面に青い花が混じっているに気が付きます。人間の目は青い色に敏感なのか、ほんの小さな花でも不思議と目に入って残像が残ります。  路傍に咲く..</font>
Weblog: ごまのはぐさのこまごまことのは
Tracked: 2005-02-19 10:31

巣の花 秋 クサボタン
Excerpt: アップで見るとなかなかかわいい花ね。クレマチスなんかに近縁だそうですが、カザグルマのような豪華さはありません。ボタンというので、最初に名前を聞いたときには、どんな豪華な花なのかと思ってしまいましたが、..
Weblog: ひたきのつぶやき
Tracked: 2005-10-14 13:22

クサボタン
Excerpt: 盆休みの滋賀旅行、伊吹山の山道には、沢山の草花が咲き誇っていました。 彼等を勉強〜♪ クサボタン Clematis stans ・キンポウゲ科 ・センニンソウ属 ・落葉低木..
Weblog: ikimonodaisuki !
Tracked: 2005-11-12 00:08

「駒ケ岳・しらび平駅付近」で「山の花」を撮って見ました。2
Excerpt: 「駒ケ岳・しらび平駅付近」で「山の花」を撮って見ました。2「クサボタン(草牡丹)」はキンポウゲ科センニンソウ属の北海道〜本州に分布する多年草。命名は葉の形が「ボタン(牡丹)」に似ているからとの事。今ま..
Weblog: GOCCIの男を磨く旅(笑)
Tracked: 2008-09-28 07:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。