2005年09月21日

ハシカグサ

ハシカグサ Neanotis hirsuta var. hirsutaハシカグサ Neanotis hirsuta var. hirsuta


ハシカグサは、本州、四国、九州、沖縄に分布し、山野の林内や道ばたなどに生育する一年草です。アカネ科フタバムグラ属(Hedyotis)またはハシカグサ属(Neanotis)に分類されています。茎はよく枝分かれして、地面近くをやや斜め上向き〜横向きにはうようにのびます。茎は20cm〜40cmほどの長さまでのびますが、高さとしては数cm〜20cm程度です。部分的に毛が生えていますが、だいたいは無毛です。全体的な姿としては、「コナスビ」や「ハコベ」の仲間などにも少し似ているところがあるかもしれません。

ハシカグサ、聞いただけで何だかかゆくなってきますが、名前の由来はよくわかっていないのだとか。でも、やはり麻疹(はしか)とはなんらかの関係があるのかもしれませんね。押し葉にするとわかるのですが、葉の色がすっかり褐色に変わってしまいます。その様子を麻疹(はしか)の発疹に例えた名前だという説があるそうです。

葉は対生。卵形〜ちょっと幅の狭い卵形、先はちょっととがる感じ。長さは2cm〜4cmくらい、幅は1cmほど。表面には粗い毛がまばらに生えています。葉柄の付け根のあたりには、クシの歯状に裂けた「托葉」があります。実は、筆者、これを見落としています。なので写真がありません。アカネ科だったらやっぱり托葉の状態も確認しとかないとね。アカネ科の中でも、アカネ属やヤエムグラ属の場合だと、托葉が大きくなって、本来の葉とほとんど同じ大きさや形で、葉が輪生しているように見えるものもありますし。

ハシカグサ Neanotis hirsuta var. hirsutaハシカグサ Neanotis hirsuta var. hirsuta


花期は8月〜9月。茎の先や葉腋(葉の脇)に小さな花を数個ずつ集まってつきます。花冠は白色で、直径2mmくらいのごく小さなつぼ形。先は4つに裂けていて、その裂けた花冠裂片は長さ3mm〜4mmほど。この小さな花の中に雄しべ4本と2本の花柱が入っています。

ハシカグサのガクには白い軟毛が密生しています。4つに裂けたガクは、花の時期から果実の時期までずっと残っていて、小さいながらもよく目立ちます。また、このガクの部分に軟毛がないタイプもあって、「オオハシカグサ (Neanotis hirsuta var. glabra)」と呼ばれています。そのタイプは、中部〜東北に分布していて、葉もちょっと大きめだそうです。果実は球形の「さく果」で、直径は3mm〜4mm。白い毛の目立つガクに包まれています。

【和名】ハシカグサ
【学名】Neanotis hirsuta var. hirsuta (Hedyotis lindleyana var. hirsuta)
【科名】アカネ科 RUBIACEAE
【撮影日】2005/09/19
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
アカネ
ヤエムグラ
オオバノヨツバムグラ
オオフタバムグラ

そういえば、「クチナシ」や「ヘクソカズラ」もアカネ科でしたね。大きさはぜんぜん違うものの、葉の形や葉脈の感じ、よく見るとハシカグサの葉っぱは、ヘクソカズラに似ているような気もしてきました。

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 18:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7161708

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。