2005年09月23日

ひっつきむし

野山でひっつきむしを見つけよう!

ひっつきむし。それは動物の体や人の衣服にくっつく果実のこと。地域によって呼び名はいろいろあるそうで、くっつきむし、ばくだん、どろぼう、ぬすっとなど様々です。筆者は九州出身ですが、もっぱら、「ひっつきむし」といっています。この記事を見てくださったみなさんは、何て呼んでますか。

ひっつきむしは、人にとってはやっかいなものですが、ひっつきむしの果実をつくる植物にとっては、そのくっつくという性質がとても重要。くっつくことによって、動物や人の移動にともなって、離れたところまで運ばれていきます。おかげで、親の個体とは離れたところへと種子を散布できるというわけです。

効率よく種子散布が行えるように、ひっつきむしは、それぞれ、くっつきやすい構造を発達させています。その構造の部分は、植物の分類とは関係なしによく似た形状になっていたりします。逆向きのトゲがあるタイプ、先がカギ状になったトゲのあるタイプ、そして「腺毛」から「粘液」を出してくっつくタイプなどです。

こういう植物は意外に多いもので、例えば、オナモミの仲間センダングサの仲間ヤブジラミヌスビトハギなど、身近なところにもいろんなひっつきむしが見られます。特にこれからの季節、秋の野山を歩くと、大量に服にくっついて、肌に触れると痛かったり、寒くなってきても毛糸ものの服を一番上に着てゆくわけにはいきませんよね。わざわざ、ひっつきむしを探そうなんて思わなくても、見つかってしまうってものでした。

マルバヌスビトハギ [丸葉盗人萩]
マルバヌスビトハギ Desmodium podocarpum subsp. podocarpum果実は「節果」で、表面にはカギ状の毛が密生。
【花期】7月〜9月
【学名】Desmodium podocarpum subsp. podocarpum
【科名】マメ科 FABACEAE
【撮影】2004/10/11 東京都日野市

関連記事→マルバヌスビトハギ


チカラシバ [力芝]
チカラシバ Pennisetum alopecuroides小穂の柄や剛毛にトゲ状の毛がある。
【花期】8月〜11月
【学名】Pennisetum alopecuroides
【科名】イネ科 GRAMINEAE (POACEAE)
【撮影】2005/09/19 東京都日野市


ミズヒキ [水引]
ミズヒキ Persicaria filiformis花柱の先が2本のカギ状の角のようになる。
【花期】8月〜10月
【学名】Persicaria filiformis (Polygonum filiforme)
【科名】タデ科 POLYGONACEAE
【撮影】2005/07/25 東京都日野市

関連記事→ミズヒキ


ハエドクソウ [蝿毒草]
ハエドクソウ Phryma leptostachya subsp. asiaticaガクの先が3つのカギ状のトゲになる。
【花期】6月〜8月
【学名】Phryma leptostachya subsp. asiatica
【科名】ハエドクソウ科 PHRYMACEAE
【撮影】2005/09/11 山梨県塩山市

関連記事→ハエドクソウ


ダイコンソウ [大根草]
ダイコンソウ Geum japonicum花柱の先の柱頭の部分がカギ状になる。腺毛もある。
【花期】6月〜8月
【学名】Geum japonicum
【科名】バラ科 ROSACEAE
【撮影】2004/09/16 山梨県山中湖村

関連記事→ダイコンソウ


コセンダングサ [小栴檀草]
コセンダングサ Bidens pilosa種子の先端に鋭いトゲがある。種子表面やトゲにもさらに細かいトゲがある。
【花期】9〜11月
【学名】Bidens pilosa
【科名】キク科 COMPOSITAE (ASTERACEAE)
【撮影】2004/10/11 東京都日野市

関連記事→コセンダングサ


ヒナタイノコズチ [日向猪子槌]
ヒナタイノコズチ Achyranthes bidentata var. fauriei針状の小苞がちょっと外向きになる。
【花期】8月〜9月
【学名】Achyranthes bidentata var. fauriei
【科名】ヒユ科 AMARANTHACEAE
【撮影】2005/09/08 東京都日野市

関連記事→ヒナタイノコズチ


ヤエムグラ [八重葎]
ヤエムグラ Galium spurium var. echinospermon果実は「二分果」で、表面にはカギ状のトゲがある。
【花期】5月〜6月
【学名】Galium spurium var. echinospermon
【科名】アカネ科 RUBIACEAE
【撮影】2005/05/12 東京都日野市

関連記事→ヤエムグラ


オヤブジラミ [雄藪虱]
オヤブジラミ Torilis scabra果実の表面にはカギ状の刺毛が密生する。
【花期】5月〜7月
【学名】Torilis scabra
【科名】セリ科 UMBELLIFERAE
【撮影】2005/05/12 東京都日野市

関連記事→オヤブジラミ


ヤブジラミ [藪虱]
ヤブジラミ Torilis japonica果実の表面にはカギ状の刺毛が密生する。
【花期】5月〜7月
【学名】Torilis japonica
【科名】セリ科 UMBELLIFERAE
【撮影】2005/05/12 東京都日野市

関連記事→ヤブジラミ


ひっつきむしは他にもいろいろ。また次の機会にでも。
ノブキ(果実の先の腺体から粘液が出る)
サジガンクビソウ(果実の先端から粘液が出る)
タニタデ(果実の表面にカギ状のトゲがある)
ウマノミツバ(果実の表面にカギ状のトゲがある)
オオバノヨツバムグラ(果実の表面にカギ状のトゲがある)
ヤブニンジン>(果実の表面に逆向きのトゲがある)

オオオナモミメナモミチヂミザサガンクビソウ仲間キンミズヒキイノコズチ。。。

季節が早いものもあるので集めておいて、いろいろ集まったころに並べてみると、おもしろいかもしれませんね。

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 05:33| 東京 🌁| Comment(26) | TrackBack(5) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
はじめまして♪
私は、札幌に住んでいますが、やはり「ひっつきむし」と呼んでいました。
ハラッパ(北海道方言で野山・草原などをのこと)で遊んで家に帰ると、洋服のいたるところに植物の数種類の種が引っ付いていました(^^ゞ
母にお小言をいわれ散々なメに会いましたが・・・・
今となっては、楽しい思い出での一つです。

先日、裏山に登りましたら、、、、
ヌスビトハギとキンミズヒキの種を体中に引っ付けて連れ帰って来ました。
せっかくなので、むしりとって家の前の道路脇に放り投げておきました。
数年後が楽しみです!!
覚えていたらの話ですが・・・・・(^_^)v
Posted by 常葉 at 2005年09月23日 07:39
おはようございます。
ご無沙汰しております。
最近は引きこもりをきめこんでいたのですが、ひっつき虫に誘われてのこのこ出かけてきてしまいました。

これはTB企画でしょうか?
面白いですね。
ガンクビソウのようなネトネト型も含めていいのでしょうか?
そういえばマツムシソウもひっつき虫ですね。


Posted by ごまのはぐさ at 2005年09月23日 07:56
*常葉さん*

ようこそ、お越しくださいました。
コメント&TB、うれしいです。

なるほど、そうなんだ。札幌でも「ひっつきむし」なんですね。やっぱり、そう呼ぶことが多いのかなぁ。情報、ありがとうございます!

ふふっ!子どものころって、ひっつきむしがくっついちゃうのなんて、お構いなしですもんね。逆にくっつくのがおもしろくて、わざわざ原っぱを走り回ったりして。

ヌスビトハギとキンミズヒキ、どちらもよくくっつきますよね。多年草だから、花は数年後なのかな。どうなることやら。。。
Posted by hanaboro at 2005年09月23日 15:45
*ごまのはぐささん*

こんにちは〜!
こちらこそ、ご無沙汰しております。わたしの方も引きこもりがすっかり長期化してしまって。

そだ、ごまのはぐささんは、ひっつきむしにはまっておられたんでしたね。最初はタイトルにずばり「TB企画」と入れていました。でも、それでまったくTBいただけなかったらと、小心者ぶりを発揮してしまいました。これからの季節、いろいろ類似の企画はできそうですけどね〜。

例えば、秋の七草、木や草の実、どんぐり、エノコログサとかカエデとか、みんなが親しみを持てるようなものでやれると良いですね。わたしは力不足でダメダメですけども。来月あたり、ごまのはぐささん、いかがです?

「ひっつきむし」というのは、学術用語というわけではなく、俗称なのでしっかりとした定義はないのだと思いますよ。粘液ではなく、トゲなどでくっつくものだけを、そう呼ぶのもよいかと。

今回の場合は、「くっつくための構造があって、それで、動物の体などにくっついて運ばれる」というのを一応の基準にしています。

ガンクビソウだと下向きについた「そう果」の先が細長いパイプのような形になっていて、そこから粘液が出ていますよね。下向きっていうのも、動物にくっつきやすいでしょうし。くっつくために都合のよい形状になっているという解釈ですね。

ノブキやメナモミも、実際には形+粘液でくっつくのでしょうし。このタイプも含めても良いかなぁと。

あっつ!そうですね。マツムシソウやナベナもかなぁ。どもども、情報ありがとうございます!
Posted by hanaboro at 2005年09月23日 16:10
はじめまして。こんばんは。
調べ物(※急ぎではない)をしてたら検索に引っかかってたのでお邪魔しました。笑

>ひっつきむし
私は北九州市出身ですが、「くっつきぼう」と呼んでいたような気がします。オナモミ限定ですが。たぶん。

このページで調べ物が済みそうなのでお礼を☆

 (*^^)<ありがとうございました

ではでは。
Posted by 三里アキラ at 2005年09月23日 20:07
おはようございます。
うちの地方ではどろぼうって
呼んでましたよ。
ダーツみたいにして友達や妹の
お洋服に引っ付けて遊んだりしてました。
あと女の子の間で好きな子のお洋服に
気がつかれないようにくっつける事が出来たら
両思いになるという噂もありました。
懐かしいなーって思いながら読ませて頂きました。
力芝って緑の丸い実できます?
Posted by emi at 2005年09月24日 07:37
はじまして。とても役に立つありたいBlogです。<コダワリストAの独り言>”木の実熟してお彼岸”(2004/9/23)で使った23日に公園で撮影した樹木の実の樹種名が判明しません。教えていただけますか。樹皮は灰色でやや平滑でした。
よろしくお願いします。


Posted by ピカス命 at 2005年09月24日 13:58
いつも、見させていただいております。ひっつき虫特集なので、懐かしくて発言。昔は大阪市内でも良く見られたのですが、今はこの市川でも大阪でもコンクリートに固められたので見ることは難しいです。公園でも、整備されすぎていて、なかなか見つけられないですね。子供たちは、これを見つければ大喜びなのでしょうにね。
Posted by kincyan at 2005年09月24日 14:29
「ばかの実」って呼びませんでした??
うちだけでしょうか?

実家の犬がたまーに実をくっつけています。
体だけじゃなくて、顔にも。


個人的にオナモミの形が大好きです。
Posted by 知三朗 at 2005年09月25日 19:10
*三里アキラさん*

よくお越しくださいました。
北九州市ではオナモミ限定で、「くっつきんぼう」ですか。わたしは福岡市なのですが全部まとめて「ひっつきむし」。こんなに近くでも違うんですね〜。情報、ありがとうございます!

調べ物、このブログで大丈夫でした?何かお役に立てたのならいいのですが。
Posted by hanaboro at 2005年09月26日 10:35
*emiさん*

こんにちは!
そうなんだ、emiさんのところでは「どろぼう」。おもしろいですね〜。

やっぱり、投げっこして遊びましたよね。本当、懐かしいです。でも、両思いになれるっていうの、知らなかったです。知ってたら、もっとやってたのに〜、なんて。

ちなみに、「チカラシバ」は緑の丸い実ってわけじゃないですね〜。くっつくのは、「小穂」というちっちゃいツブツブのつけ根のところから出ている「剛毛」です。つまりフサフサのところですね。そのフサフサの毛などにすごく細か〜いトゲがあります。「オナモミ」なんかとはちょっとイメージが違うけれど、トゲなどで動物にくっついて種子が運ばれていくっていうのは同じですね。
Posted by hanaboro at 2005年09月26日 10:52
*ピカス命さん*

いただいたご質問については、ピカス命さんのところにお返事、さし上げました。そちらでご確認いただければと思います。

ええ〜、今回、ほぼ同じご質問を「植物名目次」の記事にもいただいているのですが、そちらの方は、本当に申しわけありませんが、削除させていただきます。理由は、わたしはあまり植物に詳しい人ではなく、写真鑑定は苦手なんです。目次に質問事項がこのまま載っているのは、困っちゃうんですよぉ。

この「ひっつきむし」にいただいたものは、そのままお受け取りしておきますゆえに、どうぞ失礼をお許しくださいませ。
Posted by hanaboro at 2005年09月26日 11:19
*kincyanさん*

どうも、お世話になっております!
「アカネ」の記事にコメントくださったkincyanさんですよね。ありがとうございます。

そうなんですかぁ。ひっつきむしといえども、護岸されては住処にはできないですね。ひっつきむしの遊びは、わたしにとっても懐かしい思い出ですし、今の子どもたちにとっても、きっと、野山での楽しい遊びになるはずですけどね〜。

そういうお話をうかがうと、こちらの近くの多摩川は、いろいろ問題はあっても、それなりに野草が見られるので、まだ、恵まれているのだなぁと改めて思いました。
Posted by hanaboro at 2005年09月26日 11:31
*知三朗さん*

うわっ!「ばかの実」ですかぁ。東北や北海道の方で、「バカ」と呼ぶことがあるという情報はあったんですが、「ばかの実」というのもあるんですね。どもども、教えてくださって感謝です。由来は何でしょうね。

オナモミはかなり痛いですけど、形はおもしろいですよね。いかにもくっつきそうなとこもよく観察できるし。ご実家の愛犬のお顔にくっついたところもお茶目でしょうね。
Posted by hanaboro at 2005年09月26日 11:40
初めまして。セイと申します。

私は秋田に住んでいるのですが、
『イジクサレ』
と呼んでます。
我が家だけなのかも知れませんが・・。
写真で見た感じだとヒナタイノコズチのことをそう呼んでます。
よく、飼ってる犬や猫が毛にこれをつけてます。

色々な呼び方があって、面白いな・・と思いました。

ではでは、失礼しました。
Posted by セイ。 at 2005年09月26日 11:46
*セイさん*

ようこそ、お越しくださいました。

うほぉ〜!ヒナタイノコズチのことを「イジクサレ」ですか。この呼び方は、はじめて聞きました。どういう意味から来てるんでしょうね。情報ありがとうございました〜。呼び方、本当、いろいろあっておもしろいです。やっぱり、動物の体にはくっつきやすいんだなぁ。
Posted by hanaboro at 2005年09月26日 18:02
>東北や北海道の方で、「バカ」と呼ぶことがあるという情報はあったんですが、「ばかの実」というのもあるんですね。

確かに!
「バカ」だけの人もいました〜!
バカだけじゃ可哀そうだと思った誰かが「ばかの実」って言ったのかな・・・。

いずれにしてもバカって、切ないですね。
むしろお利口サンなのに。
Posted by 知三朗 at 2005年09月26日 18:53
hanaboroさん、こんばんは。
こちら東京ですが、「ひっつくむし」もしくは「くっつきむし」です。
虫っぽいという印象は拭えないのでしょうか。それは都市部のせい!?

ところで、ひっつきむしに関して詳しいサイトがありました。
http://www1.ocn.ne.jp/~kmal/index.htm
我々植物大好き人間にとって、「ひっつきむしの図鑑」は
即購入の代物かもしれませんね。とりあえず図書館かな(笑)。
Posted by タツヤ at 2005年09月26日 22:17
ごめんなさい。ミスタイプが1箇所ありました。
2行目、「ひっつくむし」ではなくて「ひっつきむし」ですね。
洒落にならないミス、誠に申し訳ございませんでした。
Posted by タツヤ at 2005年09月26日 22:19
*知三朗さん*

本当だぁ。「バカ」だけよりは「ばかの実」っていうと、何かちょっとかわいくて良いですね。おもしろい呼び方ですけど、「バカ」っていうのは、ちょっとためらいもあったりするから。

そうですね〜。動物にくっついて運ばれるために、そういうトゲなんかを発達させてるんですから、お利口さんなのかもですね!
Posted by hanaboro at 2005年09月27日 09:48
*タツヤさん*

あっ!「ひっつきむしの図鑑」のサイトさんだぁ。シリーズで「どんぐりの図鑑」もあるんですよね〜。うんうん。この図鑑、楽しいですよ。

そっかぁ。なかなかしっかりしたアンケートで情報を呼びかけておられましたね。まあ、このブログではもっと気楽な感じで、やっていくということで、すみ分けさせていただこうかな。

わかりました。どうもありがとうございます。東京では「ひっつきむし」か「くっつきむし」ですね!確かに、人や動物にくっついて運ばれたり、特にオナモミの形なんて、虫っぽい感じしますもんね。
Posted by hanaboro at 2005年09月27日 09:52
はじめまして。

いつも一方的にお世話になり、読み逃げばかりでしたが、
今回の「ひっつきむし」の話題をみて記事を書いてみました。
トラックバックさせてくださいね。


いつも、博学ぶりに驚きながら記事を読ませて頂いております。
ちょっと植物のことを調べようと思っても、
図鑑の写真では足りないなとは思っていたのですが、
こちらのように
いろいろな段階の植物の姿を見せていただけると、
本当に助かります。
これからもたびたび おじゃますると思います。
よろしくお願いします。

お暇な時に、私のブログの方も見ていただけたら嬉しいです。
Posted by はもよう at 2005年09月27日 20:11
*はもようさん*

はじめまして。いやぁ〜、ビックリです。
ようこそ、お越しくださいました。本当、うれしいです。それに、いろいろお褒めいただいて、ありがとうございます。

実はですね、ふとしたことから、はもようさんのブログにめぐり合ってから、こちらの方も驚き、感心しながら読ませていただいていたんですよ。

記事、読ませていただきました。え〜、今日はちょっと時間切れなもので、明日改めて、おじゃまさせてくださいね。
Posted by hanaboro at 2005年09月27日 20:51
ひっつき虫・・・・懐かしいな。
子供の頃、楽しみました。
近頃の子供達は教えてあげても ふ〜ん 
ですものネ。

ヒメジョオン、ハルジョオンのちがいなど
再確認しました。

ところでチカラシバは穂を根本から指ではさんで先に向かってしごくと栗のイガになるのをご存じですか?
こんな事もしてたわいもなく
楽しんでいます。
Posted by OKEI at 2005年11月01日 16:33
*OKEIさん*

いろいろ記事読んでくださったのですね。どうもありがとうございます。

「最近の子供たち」ですが、関心を持ってくれる子供たちもいるようですよ。
http://boroboro.seesaa.net/article/7337364.html
こちらの記事にTBくださった「子供と遊ぶログ」さんの記事にあるんですけれど。子供のころにどんなことして遊んだかって、結構大切ですよね。本当に楽しかったことは忘れないですし。
Posted by hanaboro at 2005年11月01日 18:00
クリスチャンるブタン
Posted by 水着 ビキニ at 2013年07月15日 23:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7218047

この記事へのトラックバック

キンミズヒキ
Excerpt: 黄色くて小さな花がたくさん咲いています♪ 種は…洋服にくっ付いて秘密裏に運ばれま
Weblog: みぃ??つけた♪
Tracked: 2005-09-23 07:21

「ひっつきむし」を懐かしむ
Excerpt:  『花図鑑のボロボロブログ! 生きとし生ける花の姿。花のうしろすがた、終わったすがた。』を訪問してきました。  『野山でひっつきむしを見つけよう!』 です。  もう懐かしさで一杯ですね。  うれ..
Weblog: なずな通信
Tracked: 2005-09-26 10:49

「ひっつきむし」がなつかしい・・・
Excerpt: 『花図鑑のボロボロブログ!☆生きとし生ける花の姿。花のうしろすがた、終わったすがた。』の  『 野山でひっつきむしを見つけよう!』  を訪問し..
Weblog: なずな通信
Tracked: 2005-09-26 10:58

ヤマネの通り道 秋 ヌスビトハギ
Excerpt: やっと秋ー。でも、正確には8月31日に撮ったものも含まれるのですが、いつまでも夏というのもなんなので。ハイ。 本当はもっと綺麗な写真で紹介したかったんだけど、こーんなのしかなかった。地味で小さい花だけ..
Weblog: ひたきのつぶやき
Tracked: 2005-09-26 15:45

イノコヅチの花
Excerpt: 明日は雨の予報でしたので、ちょっと自転車で 隣町の公園へ行って来ました。 今日見つけたのは、後に ひっつき虫になる こんな花でした。 なんだか、拡大してみると 金と赤のゴージャスな飾りに見えま..
Weblog: 公園おさんぽ日記
Tracked: 2005-09-27 20:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。