2005年09月27日

アメリカセンダングサ

アメリカセンダングサ Bidens frondosa


アメリカセンダングサは、北アメリカ原産の一年草です。世界的に温帯の地域に広く見られ、日本に入ってきたのは大正時代のことだそうです。現在は日本各地の道ばたや荒れ地などのやや湿り気の多いところに多く見られます。同じ道ばたでもまわりの草地よりも溝の脇に生えていたりします。キク科センダングサ属の植物で、頭花の部分だけを見ていると、同属の「タウコギ (Bidens tripartita)」によく似ています。

茎は濃い紫褐色で、4つ「稜」があって、切り口は四角形〜ちょっといびつな円形になっています。個体によっては、コセンダングサよりは四角形の度合いが小さいかな。う〜ん、どうでしょう。ともあれ、茎はよく枝分かれして、草丈は50cm〜1.5mくらいにまでなります。大きな株だと、非常に大きな空間を占めます。

葉は対生。下部の葉は大きめで「2回3出複葉」、上部では小さめで「3出複葉」。ほとんど無毛です。葉柄は長めで、分かれた1つ1つの「小葉」にも柄があります。小葉の長さは3cm〜10cmを超えるほどのものもあって、先が細くとがる卵状の披針形です。縁にははっきりとしたギザギザ(鋸歯)があります。タウコギの場合は、ギザギザが鈍くて上部の方などはやや不明瞭です。

アメリカセンダングサ Bidens frondosaアメリカセンダングサ Bidens frondosa


花期は9月〜10月。たくさん分かれた枝の先端に、1つずつ上向きの「頭花」をつけます。キク科の花なので、1つの頭花はたくさんの「小花」、つまり、いくつもの「舌状花」や「筒状花(管状花)」が集まってできています。アメリカセンダングサの場合は、ふつうだったら花びらに見えるはずの舌状花がごくごく小さくて、ほとんどわからないような状態です。

したがって、中央で黄色く見えているのはほとんど筒状花ということになるのですが、その黄色の部分よりも、まわりに見える葉っぱのような緑色のものが目立ちます。それは、「総苞片」で、細長い倒披針形、1つの頭花につき10枚前後あります。ちなみに、学名の種小名「frondosa」は、「葉状の」とか「葉に覆われた」という意味です。

果実は「そう果」で、平べったいですが、先端には2本のトゲがあるのが、この仲間の大きな特徴。そう果の部分は1cm弱ほど、トゲの部分が2.5mm〜5mm程度です。トゲにはさらに細かいトゲが逆向きに生えています。それに対して、そう果のボディーの方に生える細かいトゲは上向きです。このトゲによって動物の体などにくっついて種子散布される、いわゆる「ひっつきむし」の1つです。そのほか、水辺に生育している場合は、水流によっても運ばれるといいます。オナモミ類も水流で運ばれるようですね。

【和名】アメリカセンダングサ [亜米利加栴檀草]
【別名】セイタカウコギ
【学名】Bidens frondosa
【科名】キク科 COMPOSITAE (ASTERACEAE)
【撮影日】2005/09/19
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
コセンダングサ

■Trackback People : 帰化植物

posted by hanaboro at 17:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 茎など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7384984

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。