2005年09月28日

イヌムギ

イヌムギ Bromus catharticus


イヌムギは、南アメリカ原産のイネ科スズメノチャヒキ属の植物で、一年草、または越年草です。多くは秋に芽生えて越冬するようです。ただし、資料によっては多年草となっていて、地下茎でも繁殖するそうなので、数年は寿命があるのかなぁと思います。世界中の温帯〜暖帯に広く見られ、日本に入ってきたのは、明治のはじめのころのことだったそうです。現在では、北海道〜九州まで各地の道ばたや河原などにふつうに見られます。

茎(稈)は、本来は太めで、草丈は70cm〜1.2mにまで達します。写真のはちょっと季節はずれに見られたためか、高さは40cmくらいで、稈もヒョロヒョロでした。しかもまだ夏の名残にあるような好天の日、河原もかなり乾燥したらしく、葉がちょっと巻いていました。近くのセンダングサの仲間の芽生えなんて、もっと葉がしおれてすっかり巻いてしまっていました。

イヌムギの葉は、本来はちょっと幅の広い線形なんですけどね。長さは15cm〜30cmほど。幅は5mm〜1cmくらい。「葉鞘」の部分には白い膜のような「葉舌」がありますが、写真のものは茶色くなって裂けています。葉鞘や葉にはまばらな毛が見られます。稈の毛はあったりなかったりです。

イヌムギ Bromus catharticusイヌムギ Bromus catharticus


花期は5月〜8月。円錐花序の長さは20cmくらい。本当はもっと花序が垂れ下がります。「小穂」には短い柄があります。長さは2cm〜3cmほどで、そこには6個〜12個の「小花」があります。写真の個体では6個〜7個くらいでした。1つ1つの小花の長さは1.5mm程度。小花は二つ折りになって、ペッタリくっついているので、小穂全体が扁平に見えています。

ほとんどが開かず「閉鎖花」の状態で結実するので、雄しべの葯や雌しべが外に飛び出していることはあまりないですね。「芒(のぎ)」はありません。

名前は「ムギ」に似ているけれど、穀物としては役に立たないので、「イヌムギ」と呼ばれています。「イヌ」というのは、「役に立たない」という意味の接頭語として、植物の名前にはよく使われています。似ている相手が人間にとって有用な植物であることが多いですね。

【和名】イヌムギ [犬麦]
【学名】Bromus catharticus
【科名】イネ科 GRAMINEAE (POACEAE)
【撮影日】2005/09/17
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 帰化植物

posted by hanaboro at 21:13| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 茎など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イヌムギを見るたび、どうにかして食えねぇかな、これ、と思う。

花のようすがけっこう好きなので、何回か写真に撮ったはずだが、どこにあるのやら。
Posted by 混沌 at 2005年09月29日 01:51
*混沌さん*

ほへぇ〜!イヌムギ、食べたくなっちゃいます?平べったくて実が薄そうですぞぉ。食意地がはっているもんで、もっと効果的なのがいいよぉ〜って贅沢なことを言っているのかもですが。

イネ科って結構、おもしろい形してますけど、これを写真におさめるとなると、大変なんですよね〜。なかなかうまくいきませんよ。写されたもの発見されると良いですね!
Posted by hanaboro at 2005年09月29日 10:08
をを、イヌムギだ。
これ、春に写真を撮りましたよ、ネズミムギと一緒に。
ええ、もうイヌネズ写真展が出来そうなくらい たくさん。←凝り性?

だって、図鑑にイヌムギとノゲイヌムギがあると書いてあるから、
なんとか両方写したくて…。
(ネズミムギとホソムギとか…。)

でも結局、ノゲのないイヌムギは見つかりませんでした。
hanaboroさんの写真見ると、あぁ、ちゃんとノゲ無しだよ。

ノゲ付きの春の花からは、黄色いしべがひらひら出てましたよ。
小穂が風にゆれて モビールみたいでした。
実って枯れちゃう寸前、赤っぽく色づくのが有って、きれいだったなぁ。
ウチの近くのはもう、夏のうちに刈り取られちゃいました。
hanaboroさんの写真のイヌムギは最近見つけたものですか?
Posted by はもよう at 2005年09月29日 13:25
*はもようさん*

をををっ!イヌムギ写真展見てみたい気もしますね。モービルみたいってのもおもしろいなあ。そそっ、春はネズミムギも多いですよね〜。ホソムギもないかなあと思うのだけど、自分ところの近くのはみんなネズミムギでしたぁ。

これね〜、図鑑によっては、芒つきのものが「イヌムギ」ってのってたりするんですよね。記事では、「芒はありません!」と言い切ってしまいましたが、「芒はほとんどない」と書いた方がよかったかもです。

ヒラヒラと雄しべが出ているのは、ノゲイヌムギか、はたまた、ヤクナガイヌムギか。わたしなんぞには、まだまだよくわからない部分ですよ。

ともあれ、イヌムギのポイントは葯の長さみたいですね〜。イヌムギだと開かないので見えないのですが、光にさらしてルーぺでチェックって作業になっちゃいますね。イヌムギの葯は、長さ1mmもないくらい。

ちなみに、写真は9月半ばに写したものです。でも、ちょっと生育もあまりよくなかったし、やっぱり季節はずれなんでしょうね。そのときは、他に咲いているの気づきませんでしたから。
Posted by hanaboro at 2005年09月29日 17:09
うう、ノゲの有り無しの他に、ヤクナガとか有るんですね…。
イネ科 奥深し…。

イヌネズ写真集には、他の「穂」になる草たちも加えて
いつか1ページにまとめたいです。
難しいから…いつになるか解らないけど、
風にゆれる穂を見るの好きだから、頑張りますね。

気長に、すごーく気長に 待っててくださいね。

(出来るかな…(^^;)
Posted by はもよう at 2005年10月03日 15:46
*はもようさん*

イネ科はね〜、なかなか。細かいところをじっくり見ないと、しかも肉眼では厳しい部分も出てくるので、その世界にはまだまだ近寄れていませんよ。

イヌネズや穂になる草たちの写真集、おもしろそうですね。ふだんから超スローなので、いつまででも楽しみにお待ちしています。うひょっ!
Posted by hanaboro at 2005年10月03日 19:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。