2004年10月05日

ハマニガナ

ハマニガナ Ixeris repens


ハマニガナは、日本全土の海岸の砂地に生育する多年草です。同じニガナ属(Ixeris)の植物は国内で10種ほどしられていて、特に4月〜5月ごろ、「ジシバリ (Ixeris stolonifera)」、「オオジシバリ (Ixeris debilis)」、「ニガナ (Ixeris dentata)」のあたりは、黄色い花をたくさんつけてよく目立ちます。ハマニガナの花もやはり黄色で、花期は春と秋。夏は生育を休むのでしょうか、一旦地上部が枯れてしまうようです。そして、秋になると再び地上に葉を広げて花も咲きます。

砂が激しく動く海岸に生育するので、地上部はほとんど上には伸びず、葉だけが広がって、ほとんど地面にへばりついた状態です。砂の下に長く伸ばした地下茎でふえ、砂に埋まってしまっても再び地上まで伸びてくる性質があります。

写真は9月に撮影したものでちょうど秋の葉が出たところなのでしょう。幅はこれで2cmぐらいです。葉は分厚くて手のひらのような形をしていますね。このときは地上に見えている数が少なくて、花を見つけることはできませんでした。花後にできる果実の先がくちばし状になるのが、ニガナ属の特徴ですが、ハマニガナの果実の場合、くちばしは短め。

名前は、海岸に生えていて、ニガナに似ているところからきています。ちなみに、ニガナの方は、葉や茎に苦味があることに由来しています。

【和名】ハマニガナ [浜苦菜]
【別名】ハマイチョウ
【学名】Ixeris repens 
【科名】キク科 COMPOSITAE
【撮影日】2004/09/21
【撮影地】静岡県新居町

■当ブログ内関連記事
ジシバリ
オオジシバリ

posted by hanaboro at 21:14| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。