2005年09月30日

アレチヌスビトハギ

アレチヌスビトハギ Desmodium paniculatum


アレチヌスビトハギは、マメ科ヌスビトハギ属の植物で、北アメリカ原産の多年草です。最初に日本で採集されたのは1940年のことで、採集地は大阪だったそうです。現在では本州〜沖縄にかけて、道ばたなどの日当たりのよい草地に多く見られます。特に関東以西に多いのだそうです。

茎には毛が多く、よく枝分かれして、草丈は30cm〜1mほどになります。葉は3つの「小葉」からできていて、おおむね細長い披針形。形や長さには変異が多いですが、だいたい長さは5cm〜8cm、幅は2cm〜3cm程度。葉にも細かい毛が密生しています。

アレチヌスビトハギ Desmodium paniculatum


花期は9月〜10月。総状花序に花をつけます。マメ科らしい紅紫色の「蝶形花」で、長さは6mm〜8mmほど。このヌスビトハギの仲間の日本の在来種と比べると、明らかに花が大きくて、いわゆる「ハギ」のような印象です。

アレチヌスビトハギ Desmodium paniculatumアレチヌスビトハギ Desmodium paniculatum


果実は平べったくて、4つ〜6つの節に分かれる「節果」です。ヌスビトハギに比べるとくびれ方が小さいのか特徴。1つ1つの節果は「小節果」といいますが、その長さは7mmくらいです。1つの節の中に1つの種子ができます。

この節果をちょっとよく見ると、表面が白っぽくて、細かい毛に覆われていることがわかります。その毛はとても微細なものですが、先がカギのように曲がっています。果実の表面は細か〜いマジックテープ状態。このカギ状の部分によって、動物や人の衣服にくっつきます。日本の在来のヌスビトハギなどと同じで、これもまた、ひっつきむしの1つなんですね。

【和名】アレチヌスビトハギ [荒れ地盗人萩]
【学名】Desmodium paniculatum
【科名】マメ科 LEGMINOSAE (FABACEAE)
【撮影日】2005/09/29
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
マルバヌスビトハギ

■Trackback People : 帰化植物

posted by hanaboro at 21:25| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この秋、アレチノヌスビトハギは、青い花後の姿にしか
お目に掛かっていなかったのですが、
湿地脇の陸地では、まだ咲いていました。
貧栄養の湿地では、山よりも花が若干遅いのかしら?
Posted by nancy at 2005年10月05日 22:44
*nancyさん*

開花が遅かったのは、きっといろいろなことが絡み合ってのことだと思いますよ。その中の1つとして、貧栄養であることが近隣の栄養状態がよい部分より、開花が遅くなった要因となっているかもしれないですね。

植物って、次世代を残すために、それこそいろいろな仕組みを発達させますよね。環境が悪化すれば、まだ十分に成長してなくても早急に開花結実させることもありますし、栄養繁殖や自家受精で繁殖する方法をとったりと。

アレチヌスビトハギについて、湿地とそうでない場所の比較を、ある程度長期的に調べて比較すると、何かわかるかもです。
Posted by hanaboro at 2005年10月06日 11:56
小さいころこの葉っぱを虫と間違えて大泣きしてました。
Posted by  はちっち at 2009年06月21日 23:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。