2004年10月09日

チチコグサモドキ

チチコグサモドキ Gnaphalium pensylvanicum


チチコグサモドキは、熱帯アメリカ原産の帰化植物です。草丈は10〜30cmほど、花の時期は5月〜9月ぐらいまで、道端や芝生の間、畑地などでよく見られます。葉の両面には長い毛があって、特に裏面は白っぽく見えますが、表面は緑に見えます。葉の形が「へら形」という特徴があるので似た種類と見分けるときのポイントとして有効なのですが、写真の個体ではちょっとその特徴がわかりにくいですね。

見分けるポイントとしてもう一つ有効なのが、花のつき方です。写真ではすでに花は終わり、果実ができた状態で、ボワボワとした冠毛(かんもう:タンポポでよくいう綿毛)が目立っています。そのボワボワとした塊が、茎の上の方にある葉っぱの付け根(葉腋:ようえき)の数か所から出ています。これもチチコグサモドキの特徴です。

典型的な個体なら、花の咲き始めのころ、一番上に花の塊がまとまっているように見えるのですが、花が咲き進むのとともに茎もどんどん伸びていくので、それぞれの葉腋につく花の塊が縦にバラけて見えるようになります。特に咲き進むと、茶色っぽい花と白い冠毛がまじりあった状態で、見た目がよいものとはいえないでしょうね。しかも写真のものは、自転車置き場の屋根の端っこに生えていて、思いっきり泥はねしていましたし。ふつうなら花時期にも残っていそうな、根生葉(こんせいよう:根元の地面を覆うようにつく葉)もなくなってしまっていましたね。写真後方には別の個体の根生葉はありましたが。

【和名】チチコグサモドキ [父子草擬き]
【学名】Gnaphalium pensylvanicum
【科名】キク科 COMPOSITAE
【撮影日】2004/09/15
【撮影地】東京都日野市

posted by hanaboro at 17:06| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チチコグサモドキって、もどきって言うくらいだから、本物のチチコグサもあるのかなあ(素朴な質問)
しかし、hanaboroさん。
調べたりしない、とおっしゃいないがら、このお詳しさは、どうしたことでしょう。。すごい!
もしかして、学者さん?
Posted by びおびお at 2004年10月09日 19:50
>びおびおさんへ
本物の「チチコグサ」っていうのもありますよ。他にも「〜チチコグサ」っていう似た種類も。下記サイトさんで写真がみられますよ!

http://home.att.ne.jp/sky/nakayamatsu/ys799559.htm

それに「ハハコグサ」というのもあります。春の七草の一つ、「オギョウ」ですね。これも同じサイトさんに写真がありました。

http://home.att.ne.jp/sky/nakayamatsu/ys103.htm

ちなみに、ぜんぜん、学者さんじゃないんです。学名や分布などは間違ってはいけないので、一応、図鑑をめくって、だいたいそのまんまですよ。ネットでも同じような情報であふれているでしょうね。本当はもうちょっと面白い話ができるといいんですけど。
Posted by hanaboro at 2004年10月09日 20:40
チチコグサ。。見ても区別がつきませんでした。。
ハハコグサは優しいかんじですね。
植物系のサイトってけっこう、多くあるんですね。
びおびおには、野草はよっぽど特徴がないかぎり
みわけられません。(すきなんですけどお〜)
よそのお宅にいって、掛け軸の下にかざってある
草花が「ああ、こういう名前だったんだ」って
再発見があります。(笑)
Posted by びおびお at 2004年10月10日 00:05
>びおびおさん
チチコグサの仲間は、種類も多いし、よく似ているので、わたしもなかなか区別できないときがありますよ。図鑑見ても???だったりして。だいたいみんな葉っぱに毛がたくさんあって、白いので、その仲間ってところまではわかるんですが。。。ハハコグサは優しいかんじだし花の色が黄色なので、咲いてたら簡単に見分けがつきますよ。

切花や園芸種だとまたまた数が膨大で、見たこともないようなものがいっぱいですね。お店なんかでも飾ってあるものやよそのお宅のガーデニングの花をついジロジロと、、、

いろんなところで、再発見があるかもですね。
Posted by hanaboro at 2004年10月12日 10:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。