2005年10月08日

ハナタデ

ハナタデ Persicaria posumbuハナタデ Persicaria posumbu


ハナタデは、北海道〜九州まで日本全土に分布し、山野の林内や林縁部のやや湿り気の多い場所に生育する一年草です。日本以外でも朝鮮半島や中国、ヒマラヤなどに分布しているそうです。草丈は30cm〜60cmほど、しばしば茎の下の方は地面をはって、節から根をおろします。茎はよく分枝して、ちょっとした茂みのようになります。タデ科タデ属またはイヌタデ属に分類されています。

葉は互生。先が尾状にとがった披針形〜長卵形。先の部分で急に細くなるのが特徴です。長さは3cm〜10cmくらい。黒っぽい斑紋が見られることもあります。両面、特に裏面の脈上に毛が生えています。葉柄は短いです。托葉鞘は筒形で、縁には長い剛毛が生えています。剛毛の長さは7mmくらいで、その様子は「イヌタデ」によく似ています。それに比べると、ハルタデの場合は、托葉鞘の縁の毛が短いです。

ハナタデ Persicaria posumbuハナタデ Persicaria posumbu


花期は8月〜10月。茎の先や上部の葉の脇(葉腋)から細長い花序をのばして、小さな花をたくさんつけます。ハナタデは密に花をつけることもありますが、まばらにつく傾向が強いです。イヌタデはかなりびっしりと密につきます。色は淡い紅色〜紅色です。花被は長さ2mmくらいで、5つに裂けます。

果実は「そう果」ですが、花柱が3つあるので3稜形の果実になります。黒色でテカテカの果実です。この仲間は果実の時期にも花被が残って果実を包んでいます。

【和名】ハナタデ [花蓼]
【別名】ヤブタデ
【学名】Persicaria posumbu
(Polygonum caespitosum var. laxiflorum)
【科名】タデ科 POLYGONACEAE
【撮影日】2005/10/02
【撮影地】東京都八王子市

■当ブログ内関連記事
イヌタデ

■Trackback People : 野草people



posted by hanaboro at 16:00| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 茎など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

今度は、ハナタデだ♪
この間、記事にしたので、ここのところ見つけると しげしげ眺めています。

黒ツヤの「そう果」も見かけました。
地味ながら、なかなか可愛かったです。
写真はピンボケでしたが…。

でも、イヌタデとの違いが今ひとつはっきりしなくて…(^^;)。



Flower Blog Ringに参加したいと思いまして、
手続きしてみました。
今、よく解らない原因により、ちょっとレイアウト乱れ中ですが、
確認よろしくお願いします。(ぺこり)
Posted by はもよう at 2005年10月09日 00:20
*はもようさん*

ハナタデとイヌタデの違い。わたしの場合だと雰囲気で見てます。「ハナ」の方が花序がほっそり長くて花数がまばら、葉っぱは先端の方で急に尾のように細くなりますね〜。イヌタデの方は花がビッシリ密につくことが多くて、葉っぱの先は徐々に細くなる感じです。

うれしい〜!リング、ご参加ありがとうございます。ナビ設置、確認させていただくのが遅くなってしまって、ご迷惑おかけしました。レイアウト、今は大丈夫みたいですね。今、本登録完了しました。ナビもちゃんと動くはずですよ。どうぞよろしくです。
Posted by hanaboro at 2005年10月11日 11:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。