2004年10月15日

トキリマメ

トキリマメ Rhynchosia acuminatifolia


トキリマメは、本州の宮城県以西、四国、九州に分布しているつる性の多年草で、山野の林の縁などに生えています。花は7月〜9月ごろ、色は黄色です。

トキリマメの名前の由来は不明なのですが、別名を「オオバタンキリマメ」といって、「タンキリマメ」に似て葉がやや大きいことによります。タンキリマメという名前は、その種子を食べると痰が止まるという俗説からきています。

写真の個体は、トキリマメかタンキリマメか微妙な感じもありますね。3枚あるうちの一番てっぺんの葉(頂小葉)の先がとがることと、葉の幅が一番太くなる場所がより葉の付け根に近い方にあること、葉の質が薄いことから、「トキリマメ」としています。

一方の「タンキリマメ」の場合だと頂小葉の先が丸っこく、葉の幅が一番太くなる場所がやや葉の先側にあって、葉の質が厚めです。そのほか、葉の裏の毛の多少も両者の区別点になっています。花のない時期にそれらしいものに出会ったときには、ぜひ葉っぱに注目してじっくり観察してみてくださいね!

トキリマメやタンキリマメが、一番目に付くようになるのは、豆(豆果)が熟して赤くなり、さらにそれがはじけて黒い種子が2個見えたときではないでしょうか。赤と黒のコントラストが印象深く、形もおもしろいですよ。パカッとわれた赤い豆の袋の両端に黒い豆が2つ!写真では、まだ熟していないので、そのよさはわかりませんが、10月下旬か11月には豆の見ごろを迎えると思いますよ。

【和名】トキリマメ
【別名】オオバタンキリマメ [大葉痰切豆]
【学名】Rhynchosia acuminatifolia
【科名】マメ科 LEGUMINOSAE
【撮影日】2004/10/11
【撮影地】東京都日野市

■TrackBack
タンキリマメとトキリマメの似たものつながりで、
図鑑:花鳥風月」さんの記事→「痰切豆

「図鑑:花鳥風月」さんのところでは、「痰切豆」がとてもおもしろく紹介されていますよ!

posted by hanaboro at 21:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/815664

この記事へのトラックバック

痰切豆
Excerpt: ポテチの袋の 上をつまんで 両手で んんーっと 引っ張って開けると 袋の口が ぱかっと開いて 中のポテチが 出せますけれど タンキリマメの 赤いさやも ふちがぱかっと 横に開いて ちょうど両..
Weblog: 図鑑:花 鳥 風 月
Tracked: 2004-11-11 22:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。