2005年10月19日

ヤマボウシ

ヤマボウシ Benthamidia japonica


ヤマボウシは、日本国内では本州、四国、九州に分布し、山野のやや湿り気のある場所に生育しています。朝鮮半島や中国にも分布しているそうです。ミズキ科の落葉高木で、高さは5m〜15mくらいになり、枝は水平にのびます。樹皮は灰色っぽいようなちょっと赤っぽいような褐色で、成木になるとやや円形に不規則に剥がれて斑模様になります。「ハナミズキ」の場合だと、亀裂が入る感じの樹皮になります。

葉は対生ですが、短い枝(短枝)の先に何枚も集まってつくことが多いです。長さは5cm〜10cmくらい、幅は5cm前後で丸っこい卵形。縁にギザギザ(鋸歯)はなく、ウネウネと細かく波打ちます。葉をひっくり返ると、葉脈の付け根のあたりに茶色っぽい毛が生えていることがあります。葉脈はよく目立ち、4対〜5対ある「側脈」は、葉先の方に向かって緩やかなカーブを描いてのびています。葉柄は短めで5mm程度。

ヤマボウシ Benthamidia japonica


花期は5月〜7月。白くて花びらのように見えるのは「総苞片」です。いわば花を保護する役目のもの。総苞片は4枚あって先がシャープにとがっています。長さは5cm前後。実際の花は小さくて中心部に球状に集まっています。花の数は20個〜30個くらいです。ヤマボウシという名前は、この球形の頭状花序を僧侶(山法師)の頭に、それより下の部分から出ている白色の総苞片を頭巾に見立てたものだといいます。

1つ1つの花は5mm程度のもので、ちゃんと「花弁」があります。花弁は黄緑色でやはり数は4枚、雄しべは4本、雌しべは1本だけ。ガクも4つあるのですがほとんど目立ちません。

「アメリカヤマボウシ」または「ドッグウッド」とも呼ばれる「ハナミズキ」の方は、近年、都市部の街路樹に多く利用されているほか庭のシンボルツリーとしても人気の高いようですね。こちらの方は、同じように4枚ある「総苞片」の先がくぼんでいるので、見分けられると思います。

花の時期、中心部に見えていた緑色の小さな球状の部分が大きくなって果実になります。果実は直径1.5cnほどで、各花がくっついてできた「集合果」です。秋、9月〜10月には赤く熟して、見た目はゴツゴツですが食べられます。このゴツゴツの様子が桑の実にも見ているということで、別名を「ヤマグワ」とも言うそうです。花は長い柄によって葉よりも上に突き出して咲きますけれど、果実はというと、熟すまでは上向きについていますが、次第に写真のようにぶら下がってくるようですね。でもそのまま上向きのこともあるかな。

【和名】ヤマボウシ [山法師]
【別名】ヤマグワ
【学名】Benthamidia japonica (Cornus kousa)
【科名】ミズキ科 CORNACEAE
【英名】Japanese strawberry tree
【撮影日】2005/09/29
【撮影地】東京都日野市(植栽)

■当ブログ内関連記事
アメリカヤマボウシ(ハナミズキ)
ミズキ
ゴゼンタチバナ

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 17:12| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これが、ヤマボウシの実ですか。なるほど。
ハナミズキと、だいぶ異なっていますね。

もっと似ている植物かと思っていました。
ミズキ科で同じなのに、実の感じは異なるんですね。びっくりです。
Posted by ryoryo at 2005年10月19日 22:24
*ryoryoさん*

そうなんですよね。ハナミズキとヤマボウシ、よく見るといろんなところが違っていますね。果実は、特にまったく違います。

こちらの近所に両方の木が交互に植えられているところがあって、見比べてみるとおお〜って感じでしたよ。
Posted by hanaboro at 2005年10月20日 15:52
おはようございます。
山ボウシの実は食べたことがあります。
ジャムして保存すれば長くやべられるとききましたが正解でしょうか。
我が家の木は植えて6年まだ実がなりません。
Posted by 自然を尋ねる人 at 2005年10月25日 09:41
*自然を尋ねる人さん*

おはようございます!
そうですね〜。わたしもジャムにしたことあります。長く食べられるかどうかは、保存状態にもよると思いますよ。

しっかり密閉して、煮沸殺菌した後、冷暗所などで保存すれば、多少は長くいけると思います。でもこれは特にヤマボウシの果実に限った話ではないですよね。
Posted by hanaboro at 2005年10月25日 10:34
初めまして。いつも楽しく拝見しています。少し古くて拙い写真ですが、上向きの実の写真をTBします。ご覧下さい。
Posted by 多摩NTの住人 at 2005年11月01日 13:10
*多摩NTの住人さん*

ようこそいらっしゃいました。上向きの果実、さきほど拝見いたしましたよ。どうもありがとうございました。

本当、変わった果実ですよね〜。こちらの近くの街路樹のヤマボウシは、実がなっていることはなっているのですが、あまり豊作ではなかいです。ハナミズキはものすごい量がなっているんですけどね。
Posted by hanaboro at 2005年11月01日 17:01
♪ひっつきむし 飛んで
 ヤマボウシに ひっついた♪

昨日はコメントありがとうございました!
やはり、ウマノミツバのようです。
「ばかの実」に葉の画像貼付けました。

ヤマボウシの紅葉も、なかなかキレイですよ。10月3日「ヤマボウシの紅葉」の
画像見ていただけたら嬉しいです。

「ぽぽ」やめて「ひっつきむし」に名前
変えようかなぁ・・(笑)
Posted by ぽぽ at 2005年11月29日 16:42
*ぽぽさん(改めひっつきむしさん?)*

ほほほっ!おもしろいですね♪今度はヤマボウシにひっついてくださってありがとうございます。

おうおう、葉っぱの画像を拝見しました。ウマノミツバでよさそうですよ!ヤマボウシの紅葉もなかなかの美しさですね。秋色のとてもいい時期のお写真を見せてくださってありがとうございました。

ひっつきむしに改名ですかぁ。かなり、お気に入りなんですね。
Posted by hanaboro at 2005年11月30日 19:35
やっぱ、改名やめときます。
だって・・嫌われ者になりそうでしょ?

でも、でも・・ひっつきむし
♪ヤマボウシ〜飛んで
 またまた ひっつくぞ♪

さてさて、今度はどこに
ひっつくのやら・・

これからもよろしくお願いします!


Posted by ぽぽ at 2005年12月01日 00:04
*ぽぽさん*

ひっつきむし。子供のころ思い出して、懐かしいけれど、大人になっちゃうと、ついとるのが大変だし、痛いのも多いし、確かにちょっとやっかい者みたいな扱いになっちゃっているところありますもんね。

こちらこそ、どうぞよろしくお願いします!ふふっ。よかったら、どこでもお好きなところにひっついちゃってくださいまし。
Posted by hanaboro at 2005年12月01日 19:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ヤマボウシ(その3)〜味見
Excerpt:  熟したヤマボウシの実は美味しいということを本で知った。本当ならば試してみなければ気がすまない。それ以来、ヤマボウシの実が赤くなるのを心待ちにしてきた。ところがなかなか緑の実が赤くならない。その本には..
Weblog: 多摩ニュータウン植物記
Tracked: 2005-11-01 13:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。