2005年10月22日

記憶の中のアザミ

フジアザミ Cirsium purpuratum


もうずいぶんと前の話。西日本の住人だったわたしは、あるとき着のみ着のまま北陸を訪れて、今までに見たことのない美しいアザミに出会いました。その名はカガノアザミ。日本海側に見られるそのアザミは、少し湿り気のある林縁や里山的風景の中に生きていました。淡い桃色の頭花には細長い花梗があって、頭花は下向きに点頭します。総苞片は瓦状にほとんどピッタリとはりつき、そこには腺体があって触ると粘着します。クモ毛はなかったなぁ。

葉の表面には光沢があって羽状に浅裂〜中裂。葉のつき方、花のつき方、どこをとってもバランスのよいその草姿は、走らせる車の窓からでもよくわかりました。そのカガノアザミを見てしまったおかげで、その後しばらくの間はアザミ漬けの毎日。ほかの植物はもはや目に入らなかったほど夢中になっていました。思い返すと、とてつもなく懐かしい気持ちがこみ上げてきます。わたしは愚かでした。そういう幸せな日々を壊して、別れを告げなければならなかったのは若さゆえのこと。

それに引き換え手に入れたものは。。。会いたいのに会えないと、その分だけ想いはつのるものなのですね。今もなお、いつかまたあのころのようにと願いながらも、別の時間を過ごさなければならないもどかしさ。大事なものを遠くに置いてきてしまったまま、いったいどこへ向かっているのだろうかと思う今日この頃。

載っけた写真は、午後の光を浴びたフジアザミ。本文の内容と合ってない。カガノアザミにはもう長いことお目にかかってないものだから。当時はデジカメはなくてリバーサルで撮っていたけれど。あぁ。もうどこへ行ったのやら。それでも、記憶の中のアザミはいつも、さわやかに秋風に揺れて、林の縁を静かに照らしています。その花が心の中の一番ってことは、出会ったときからずっと変わってないんだよね。

■心に残る花への手紙:Flower Blog Ring 第一回TB企画
心に残る花への手紙:Flower Blog Ring

posted by hanaboro at 16:21| 東京 🌁| Comment(10) | TrackBack(2) | Flower Blog Ring | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そっかぁ hanaboroさんのカガノアザミにはそんなに深〜い思い出があったんですね。「中田のきんつば」もそんな思い出の1つなんですね。 アザミは難しそうですが私もとっても興味があります。いつかじっくり観察してみたいです。 
なぜだか読んでて、中島みゆきの「アザミ嬢のララバイ」の曲が浮かんできました。
TBさせていただきましたよ〜♪
Posted by なかなか at 2005年10月22日 19:56
わぁ、hanaboroさんのTB企画記事だ!

こんばんは。見せて頂きましたよ〜。
北陸 加賀。あこがれの地ですよ。雅やかな良いものがありそうだなぁ。
ついでに検索して、
カガノアザミの写真も見てきました。
まぁ、地味な花。(^^)
写真のフジアザミとは全然印象違うじゃないですか。

でも、楚々として、
さわやかに秋風に揺れて居るのが似合いそうなアザミですね。
そっか…そっくりさんだらけで見分けるのがあんなに大変な
アザミにはまってたんだ〜。
すごい人だよ。

私も 何の花にするか、そろそろ決めなくちゃ。
Posted by はもよう at 2005年10月23日 00:21
例えば音楽と同じように、懐かしい想いや雰囲気までも蘇り、あの頃へと誘う花があるのかもしれませんね。

若い頃って、夢中になり過ぎて、幸せを噛みしめることができなかったりして。

蛇足ですが、僕も2種類ほど、教えていただいた思い出のアザミがあります。自分自身では、アザミはアザミの仲間ってしちゃいますが(^_^;
Posted by happyisland at 2005年10月23日 01:28
*なかなかさん*

へへっ!恥ずかしい〜。ちょっと暗かったかな。過去のことを引きずっているお話でしたが、ここに出しちゃったら、なんだか気持ちが楽になっちゃいました。九州のアザミも結構いいですよ。ノアザミ以外は、こっちにいては絶対見られないものばかり。秋ですからね。見てみたいですね。
Posted by hanaboro at 2005年10月24日 11:07
*はもようさん*

加賀。霊峰白山。犀川に手取川。景色も空気もよかったなぁ。どっさり降る冬の雪も結構好きでした。

ハクサンアザミやサワアザミ。そうそう、フジアザミもちょっと標高をあげた崩壊地にあったんですよ〜。細かいところはとりあえず、おいとくとすれば、アザミって分布域が限られるものも多いので、種類が絞り込めるので、それなりにたどり着けたりしますよ。まあ、近年、記載されたものはまだ図鑑に載ってないかったりしますけれどね。
Posted by hanaboro at 2005年10月24日 11:17
*happyislandさん*

そうそう。そのころカーステから流れていた音楽、今でもそれを聞くと、あの頃がよみがえります。そしてふとした瞬間に、そのとき見た景色が断片的に次々出てくるんですよね〜。

happyislandさんの近くのアザミ。そうですね。ナンブ、ダキバヒメ、アオモリ、ミネなどかな。う〜ん、魅力的。。。
Posted by hanaboro at 2005年10月24日 11:33
ども、おはようございます。
TBさせていただきました。直接お花に関することじゃないので、合わないと思われたら削除されてかまいません(^^;)
ではでは。
Posted by 三里アキラ at 2005年10月25日 09:54
*三里アキラさん*

ふおう。「アザミ姫」読ませていただきました。そっか、ノヤマ国は繁栄したのかぁ。めでたし、めでたし。ハナバナ王国の方は滅亡しちゃったのかな。何かすみません。つまんないコメントで。
Posted by hanaboro at 2005年10月25日 19:11
あ、そうだった。。。ハナバナ王国の未来を書くこと忘れてました。たはは(^^;)
「つまんないコメント」だなんて、いえいえ。読んでいただけただけで光栄です。
TB失礼しました。
Posted by 三里アキラ at 2005年10月28日 18:53
*三里アキラさん*

ハナバナ王国の未来は、読者の想像にってことで。。。物語の創作ができるなんてすごいなぁ。TB、どうもありがとうございました!
Posted by hanaboro at 2005年10月28日 19:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

エヒメアヤメ
Excerpt: 「えっ こんなに小さかとっ!!」 エヒメアヤメに初めて出会ったときは、本当に驚きました。まさに想定“外”のサイズとはこのことです!日本一小さなアヤメとは聞いていましたけれど、 ちらっと見た時には、..
Weblog: 花*花・Flora
Tracked: 2005-10-22 18:39

+試作品+「アザミ姫」
Excerpt: アザミ姫の物語。(創作)
Weblog: だらだらノート。
Tracked: 2005-10-25 09:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。