2005年11月02日

ナツハゼ

ナツハゼ Vaccinium oldhamii


ナツハゼは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山野の乾燥した林縁などに生育する落葉低木です。ツツジ科スノキ属に分類されていて、黒褐色の果実をつけます。よく小枝を出して、高さは2m〜3mくらいまでなり、若い小枝には腺毛が見られます。

葉は長い楕円形〜長い卵形。先はとがり気味。基部の方は特に細くも丸くもない感じ。長さは5cm程度です。葉の両面に粗い毛が多く、縁にも生えていてよく目立ちます。その縁の毛というのは、細かい鋸歯(ギザギザ)の先端部分にあって、しかもそれは「腺毛」です。表面の毛は堅くて立っています。葉柄はごく短くて3mmほどです。

ナツハゼ Vaccinium oldhamii


花期は5月〜6月。「本年枝」の先から出た花序に、下向きにたくさん花をつけます。花冠は淡い黄色でちょっと赤みを帯びています。先端が浅〜く5つに裂けた鐘形で、長さは5mmくらいです。その小さな鐘の中には、ふつう10本の雄しべと1本の雌しべが入っています。つまり、両性の合弁花なわけですね。ガクは長さが短いですが、先は5つに裂けます。その裂片は先がとがっています。花序やガク筒にも腺毛があります。

果実は球形の「液果」で、熟すと濃い黒褐色。先の方には、1つ丸い輪っかがあります。それはガクの痕跡です。

西日本の主に日本海側には「アラゲナツハゼ (Vaccinium ciliatum)」も見られますが、こちらは茎や葉の縁、花序には腺毛がありません。

【和名】ナツハゼ [夏櫨]
【学名】Vaccinium oldhamii
【科名】ツツジ科 ERICACEAE
【撮影日】2005/11/02
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : ツリーウォッチング



posted by hanaboro at 20:10| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hanaboroさん、お体の具合はいかがですか?
冬将軍が居座ってるようなので、暖かくして大事にして下さいね。
っと、今日「はなまるの実」(ナツハゼの実)に出会いました。↓
http://blog.goo.ne.jp/ashiato13/e/cf018d738cc4d379535b52e9fb76aead

3個ほど山から分けていただいて帰りました。
Posted by 夢喰い at 2005年12月16日 17:29
*夢喰いさん*

温かいお言葉、本当にありがとうございます。冷え冷えした体も温まりそうです。徐々に回復していると思います。今回の寒波はまたものすごいですからね。夢喰いさんもお気をつけくださいね。

おうおう。記事拝見しました。「はなまるの実」ってそういうことだったんですね。果実のガクの痕跡がちゃんとわかりますね。かわいい呼び方だなぁ。
Posted by hanaboro at 2005年12月17日 12:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

もみじの歌&ナツハゼのジャム♪
Excerpt: ナツハゼつながり☆
Weblog: 里山暮らしのコーギー犬「バロン」の日々
Tracked: 2005-11-05 22:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。