2004年10月27日

イワショウブ

イワショウブ Tofieldia glutinosa ssp. japonica


イワショウブは、本州の低地〜高山の湿地に生える多年草です。名前に「いわ」とつきますが、生えているのは岩場ではなく湿地です。花は標高の高いところでは8月、低地では9月です。30cm〜50cmぐらいの花茎の先に直径5mm程度の白い花がたくさんかたまってつきます。花の中央にある花柱の根元(雌しべの根元)の部分が緑色で、雄しべの先は黄色か、赤みを帯びています。その色の組み合わせもさわやかで、特に高原の湿原によく似合っています。花の後は赤く染まり、それもまた美しいものです。

写真は、イワショウブの花茎の上の方を写したものです。細長い茎に白い毛がまとわりついていますよね。この毛はイワショウブのものではありません。近くにたくさん生えていたワタスゲの綿毛です。尾瀬などの湿原でワタスゲの穂が一面に広がるのは、だいたい7月上旬ごろですが、イワショウブの花は8月です。イワショウブが最盛期を迎えるころにはワタスゲの綿毛はほとんど飛んでいってしまっています。

時にワタスゲの綿毛は、周りの植物にまとわりついていることがあります。その中でも、イワショウブの茎にくっついている光景が目に付きます。それは、イワショウブの花茎の上部にはたくさんの腺状の突起があるからなんです。突起は大小さまざまな大きさでプツプツしています。そこからは、粘液が出ているので、コバエなど小さい昆虫が引っかかっていることもあります。ワタスゲが終わった後の湿原をさわやかに演出するイワショウブのちょっと意外な一面を見たような気がしましたね。

【和名】イワショウブ [岩菖蒲]
【学名】Tofieldia glutinosa ssp. japonica
【科名】ユリ科 LILIACEAE
【撮影日】2004/08/12
【撮影地】福島県南会津郡檜枝岐村

posted by hanaboro at 20:33| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 茎など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イワショウブも、綿毛を着てみたかったのかも♪
と思えるほど、白と緑の組み合わせがきれいですね。
植物の普段の姿を知ってないと、気づくことができないから、私は、(こういう植物なんだなぁ)と勘違いしそうです。

Posted by ひなっぺた at 2004年10月29日 12:36
■ひなっぺたさん、こんにちは〜。
アザミの綿毛をありがとうございます。私にとっては、一番思い入れの深い大事な植物なので、お写真見せてもらえて、今はとてもハッピーな気持ちです。

イワショウブも綿毛を身につけてよく似合っていましたよ。近くをキョロキョロと見ていると、綿毛がついているのとついていないのがあって、何かわからず、「これは新しい品種発見か?」と思っちゃいましたよ(笑)。

白と緑の組み合わせは、湿原の心地よい風ともなじんでとてもさわやかでしたよぉ〜。こういう色の組み合わせは、結構好きですね〜。
Posted by hanaboro at 2004年10月29日 15:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/901964

この記事へのトラックバック

■アザミのふわふわたち
Excerpt: スーパーの駐車場の奥は、野の草たちの憩いの場。 そこに巨大なふわふわが。 ちょっと前まで、1メートルを超す背丈のアザミ(たぶんタイアザミ)が、ピンク色の花を咲かせていました。 アザミも綿毛になるんで..
Weblog: ひなっぺた通信
Tracked: 2004-10-29 12:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。