2005年11月08日

イタヤカエデ

イタヤカエデ Acer pictumイタヤカエデ Acer pictum


イタヤカエデは、北海道、本州、四国、九州に分布し、低山〜ブナ帯に生えるカエデ科カエデ属(Acer)の落葉高木です。カエデの中でも特に大きな木になるカエデで、高さは15m〜20mに達します。樹皮は灰褐色。老木になると縦の裂け目が目立つようになります。樹形は整っていて、葉はたくさん重なってよく茂ります。その様子を板で葺いた屋根に見立てて、「イタヤカエデ (板屋楓)」というそうです。樹液には糖分が多く含まれていて、サトウカエデのように、メープルシロップをつくることも。

葉は対生。葉は3つ〜9つ、多くは5つ〜7つに分かれて、裂片の先は細長く尾状にとがっています。カエデ類をチェックするとき、葉裏の付け根のあたりの毛がポイントの1つですが、イタヤカエデは生えていることが多いです。そしてこの部分以外はだいたい無毛。葉柄は長くて5cm〜10cm以上にもなります。

葉の縁はちょっと波うつので、一見、細かなギザギザがあるようにも見えますが、鋸歯(ギザギザ)はなく全縁です。葉の大きさや切れ込みの深さ、葉の色や毛の状態にはいろいろと変異が多くて、一口にイタヤカエデといっても、多くの種内分類群が認められ、ある程度地域によっても違うタイプが見られたりします。たとえば、かなり葉の切れ込みの深い「エンコウカエデ」、裏面に毛が多く切れ込みの浅い「オニイタヤ」、裏面脈上に毛のある「アカイタヤ」、「エゾイタヤ」など、他にも多数あります。

これらの種内分類群も葉の縁に鋸歯がないということが、同属の他種と明らかに違う点なので、多くの種内変異を含めて「イタヤカエデ」と広く捉えておいても、とりあえずはよいのかもしれません。また、幼木の場合、切れ込みが深くなる場合も多いので、なかなか難しいところです。

イタヤカエデ Acer pictum


花期は4月〜5月。葉の展開に先駆けて開花しはじめます。花序は散房花序、その年にのびた枝の先につきます。1つ1つの花の直径は5mm程度のもので黄緑色。春の景色によく似合う色合いです。雄花と両性花が同じ株につく雌雄同株。

果実は「翼果」で、長さは2cmくらい、熟すと茶色になります。開く角度が小さいものから直角に開くものまで変異に富みます。それで、しばしば、翼果の開く角度によっても細かく分けられています。

秋の紅葉は赤ではなく、黄色。美しく鮮やかな黄葉です。写真のものはもう茶色くなっていて、足元にはたくさんの落葉。枝先にはもう冬芽も見えていました。

【和名】イタヤカエデ [板屋楓]
【学名】Acer pictum (広義のイタヤカエデ)
【科名】カエデ科 ACERACEAE
【撮影日】2005/11/06
【撮影地】東京都檜原村

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 19:14| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(2) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
いつも興味深く、そして楽しく拝見させて頂いてます。
カエデをより美しく感じる季節ですね。
来春こそ花を注意深く観察したいです。

Posted by SATO at 2005年11月08日 21:46
*SATOさん*

お越しくださって、ありがとうございます。ブログ、ご覧いただいていたのですね。うれしいです。

カエデ類の紅葉、黄葉はやっぱりよいものですね。落ち葉を集めたくなっちゃいます。花も見所が多いので、わたしもじっくり見てみたいと思っています。だいたい背が届かなくてよく見えないんですけどね〜。
Posted by hanaboro at 2005年11月09日 10:55
イタヤカエデについて調べていたところ、
こちらのhanaboroさんブログでとっても詳しく書いてあったので大変参考になりました!
イタヤカエデもさらに細かく分類があるようですね
うちのは何だろう。。
葉っぱも落ちちゃったし、まだ小さいので当分、分からないでしょうね〜
今、庭つくりの最中なので、これからもちょこちょこ参考にさせてくださいね。どうぞよろしく
Posted by saya at 2005年12月05日 15:20
*sayaさん*


イタヤカエデの仲間。細かいところを見ると、たくさん名前が出てきますね。まあ、わたしはどちらかというと、その辺は大雑把に見てしまっているんですよね。こんなんですが、こちらこそ、よろしくお願いします!

お庭作り、楽しみですね。今、住んでいるところには、庭がないもので、やっぱりいつかは庭がほしいです。
Posted by hanaboro at 2005年12月05日 20:38
先日「黄金板矢」の名前のついた美しいカエデを買ってきました。詳細を知りたくインタネットで調査しましたが掲載ありません。この名前合っているのでしょうか?
Posted by kkawashi at 2006年05月07日 12:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9108566

この記事へのトラックバック

イタヤカエデ
Excerpt: イタヤカエデは、北海道、本州、四国、九州に分布し、低山〓ブナ帯に生えるカエデ科カエデ属(Acer)の落葉高木です。カエデの中でも特に大きな木になるカエデで、高さは15m〓20mに達します。樹皮は灰褐..
Weblog: 秋味ぶろぐ- Fall in blogs -
Tracked: 2005-11-08 20:06

イタヤカエデ(板屋楓)を植えました
Excerpt: 紅葉する木を植えたくて 街路樹を見たり 森林総合研究所の樹木園に行ったり 公園やホームセンターに行ったり この紅葉シーズンは街じゅうを観察していたのですが モミジよりも大きな葉っぱのカエデを植えよう..
Weblog: dansmith sideB
Tracked: 2005-12-05 11:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。