2005年11月10日

ウリカエデ

ウリカエデ Acer crataegifolium


ウリカエデは、本州東北南部以西、四国、九州に分布し、低山の比較的明るい雑木林などに生える落葉高木です。高さは6mくらいになります。樹皮は緑色っぽい灰色。「ウリハダカエデ」とそっくりな樹皮で、特に若い枝では緑色が目立ちます。その樹皮の様子を「瓜」に例えて「ウリカエデ」というそうです。

葉は対生。日本でふつうに見られるカエデ属の中では、葉がもっとも小さいです。葉は卵形で長さは4cm〜8cm。ふつう3つに裂けますが、5つに裂けている場合もあれば、裂けない場合もあります。縁のギザギザ(鋸歯)は鋭いものではないですが、はっきりとあることがわかります。

樹皮の似ているウリハダカエデの葉も、先が3つに裂けますが、全体にかなり大きくて、葉身が幅広く五角形のようになります。また、街路樹としてよく植えられている「トウカエデ」の場合は、3つに裂けた裂片は三角形に近くて縁には鋸歯が低くて目立たず、ほとんど全縁のこともあります。それにトウカエデの樹皮は激しく縦に裂けるという大きな特徴があります。

ウリカエデ Acer crataegifoliumウリカエデ Acer crataegifolium


冬芽は小さくてあまり目立つものではないけれど、11月上旬、すでに細い枝先に冬芽を見つけることができます。細い枝は無毛で、冬芽は紡錘形で、1対の「芽鱗」に包まれています。その小さな冬芽には短い柄があって、その下に葉のついていた痕跡の「葉痕」が見られます。葉痕はU字形で対生です。葉が対生なので葉痕も対生。

花期は4月〜5月。葉の展開と同じころ、枝先から総状花序が出て、小さな花を10個程度つけます。雄花と雌花が別の株につく雌雄異株。花序の長さは5cmほどで、1つ1つの花の直径は1cmに満たないくらい、花の色は淡い黄色です。果実はカエデ類に特徴的なプロペラのような赤っぽい「翼果」。2つが向き合ってついていて、ほぼ水平に開きます。種子は、付け根のあたりのちょっと膨らんだ部分に1つずつ入っています。秋の紅葉は、はじめ黄色に色づいて、後に赤みを帯びてきて落葉します。

【和名】ウリカエデ [瓜楓]
【学名】Acer crataegifolium
【科名】カエデ科 ACERACEAE
【撮影日】2005/11/02
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
トウカエデ

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 18:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹皮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。