2005年11月14日

オトコヨウゾメ

オトコヨウゾメ Viburnum phlebotrichum


オトコヨウゾメは、本州、四国、九州に分布し、山地や丘陵地のやや日当たりのよい林縁部などに生えるスイカズラ科ガマズミ属の落葉低木です。高さは大きくても2mくらいでしょうか。枝は薄い灰色。「ヨウゾメ」というのは、「ガマズミ (Viburnum dilatatum)」の地方名だそうですが、ガマズミに比べると、オトコヨウゾメの方が、葉や花序も小さくて木全体の姿もずっと繊細です。

葉は長さ4cm〜9cmほどの卵形。表面はほとんど無毛。側脈が平行に走っているところは、なるほどガマズミの仲間だなと感じます。縁には粗めのはっきりとしたギザギザ(鋸歯)があって、葉柄は5mmくらい。葉の形は同じガマズミ属の「コバノガマズミ (Viburnum erosum)」によく似ていますが、オトコヨウゾメの方が葉柄が長めです。また、ガマズミやコバノガマズミの葉は、毛が多くて、触るとフサフサします。

オトコヨウゾメ Viburnum phlebotrichumオトコヨウゾメ Viburnum phlebotrichum


花期は5月〜6月。枝先から小さめの散房花序がでて、小さな花を数個つけます。ガマズミよりはずっと控えめな花序です。雄しべもそんなに目立ちません。花冠はほとんど白色で、直径5mm〜9mmほど、先は5つの裂片にわかれていて、その分かれた裂片が平たく開きます。

果実は「核果」で、秋には赤く熟します。そして果実が十分に熟すころには、果序が垂れ下がってきます。コバノガマズミも同じように垂れ下がる感じですね。でもちょっと、果実の形が違っています。オトコヨウゾメの核果は長さ8mmほどの楕円形ですが、コバノガマズミは球形に近いです。

写真の果実は、もう水分が飛んでしまってシワシワになっています。こういう果実を見ると冬の訪れを感じます。枝先や葉腋にはすでに冬芽の準備もできています。冬芽は濃い紫褐色。ガマズミのような星状毛はなく、無毛でちょっと光沢があります。一番外側の1対の「芽鱗」が小さいのはガマズミ、コバノガマズミ、ミヤマガマズミとも共通です。

【和名】オトコヨウゾメ
【学名】Viburnum phlebotrichum
【科名】スイカズラ科 CAPRIFOLIACEAE
【撮影日】2005/11/13
【撮影地】東京都あきるの市

■当ブログ内関連記事
ガマズミ
コバノガマズミ

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 18:31| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年の春、初めてオトコヨウゾメの花の実物を見ました。
秋を楽しみにしていたのに、どこにあった株だったかわからなくなってしまい、実は見つけられませんでした。
また来年のお楽しみということにします。

内緒で一枚だけ葉をポケットにいれておいたら、図鑑に書いてある通りに黒く変色していました。
Posted by arr at 2005年11月15日 09:09
*arrさん*

オトコヨウゾメの果実。どうでしょうね。ガマズミに比べると目に入りにくくって、わたしもそんなにたくさんは見たことがないですが、ミヤマガマズミやガマズミなら、結構、長いこと果実が残っていますもんね。場合によってはまだ間に合うかもしれないですけれど。

葉っぱ。そうなんですよね。最初、名前がわからなかったとき、葉っぱで調べようと思っていたら、真っ黒になっちゃって、おや?って思いました。それがポイントでもあったのですね〜。
Posted by hanaboro at 2005年11月15日 12:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。