2004年11月09日

ベニバナボロギク(No.2)

一日前の記事「ベニバナボロギク」にいただいた知三朗さんと花鳥風月@gooさんからのコメントを見て、改めて、この植物の今を見つめてみようと思いました。葉や茎中心の内容になっていますので、花がないときに探す参考にしてもらえたらと思います。

ということで、もう一度「ベニバナボロギク」です。

前日の記事では、この植物の持つ歴史ゆえに切ない気持ちで書きましたが、今日はやっぱりこの植物は「帰化植物」なんだってことを、再確認しながら書いています。

ベニバナボロギク Crassocephalum crepidioides
夏の間咲いて、じゅうぶんにボロボロな姿を見せた後、上のほうは茶色になってもう枯れてしまったかに見えていた株が、下の葉の脇から芽を出して、さらに開花までしていましたよ。


ベニバナボロギク Crassocephalum crepidioides
それに草丈20cmぐらいの幼植物にもちゃんと蕾が見えていました。これならじゅうぶん冬までに開花を迎えられるでしょうね。


ベニバナボロギク Crassocephalum crepidioides
付近には、左の写真のようにもっと草丈の低い苗もありましたが、こちらも大丈夫なのかもしれません。この小さいものは、丈が5cmあるかどうかぐらいですけどね。


茎の色は、緑色に紫色が入ることがありますが、入る度合いには個体差があります。特に若い株だと毛がたくさん生えていて、白っぽく見えます。その毛は株が古くなると脱落してしまって、白っぽさはなくなるようです。

ベニバナボロギク Crassocephalum crepidioides
左は若い株の茎です。この個体の場合は特に葉柄の付け根あたりが紫色になっていて、他の部分にはランダムにところどころ紫のまだらが入っています。茎は円柱状ではなく角ばっていて、弾力性がある感じです。写真ではわからないですが、細かい毛がたくさん生えているんですよ。


ベニバナボロギク Crassocephalum crepidioides
株が古くなると茎の毛はなくなって、かなり色が濃くなるようです。もともと紫がたくさん入る個体だったからかもしれませんが、下部の葉の脇から出た新しい茎はあまり紫色になっていませんでした。


葉には毛がたくさん生えていて触ると、何だかモサモサ、ガザガザした感じです。柔らかさもありますが、見た目以上に厚みを感じます。見た目は葉がだら〜んとなっていて質が薄そうなんですが。

ベニバナボロギク Crassocephalum crepidioides
表面は濃く深みのある緑色で、中央の脈を中心に紫がかっています。特に葉柄の付け根付近にはたくさん毛が生えているので、角度によっては白っぽく見えます。


ベニバナボロギク Crassocephalum crepidioides
裏面は、個体によって違うようで紫色のこともあれば、ほとんど白いこともあります。といっても、左の写真では強引に葉をねじって横から葉の裏を写したので、よくわかりませんね〜。


ということで、11月9日現在少なくとも東京の多摩地域では、「ベニバナボロギク」はそれなりに芽生え生長し、開花もしていることのようですね。それにしても、「ベニバナボロギク」…たくましかった。その生命力の強さを垣間見た夕暮れでした。

【和名】ベニバナボロギク [紅花襤褸菊]
【学名】Crassocephalum crepidioides
【科名】キク科 COMPOSITAE
【撮影日】2004/11/05
【撮影地】東京都日野市

■当サイト内関連記事
ベニバナボロギク

■Trackback
詩的で楽しく絶妙な表現でその世界に引き込まれる素敵なサイト「図鑑:花鳥風月」さんの記事→「紅花襤褸菊

posted by hanaboro at 21:14| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このベニバナボロギクは初めて見ました。っていうか、hanaboroさんの紹介してくれる花はみなマニアックで知らない確率非常に高しですが。
蕾の雰囲気がなんとなくアザミにも似ていますね。

蕾の大きさが想像できないのですが、見覚えがあるようにも思えます。
なんだったかなぁ…。たしか花枝の茎が物凄く細いもので似たような種類があったんですが、…思い出せません。

ちなみに、
11/09〜11/10にかけてのことなんですが、トップを開く時にエラーメッセージが出てます。↓↓↓

このページのスクリプトでエラーが発生しました。
ライン:135
文字:178
エラー:文字が正しくありません。
コード:0
URL:http://boroboro.seesaa.net/
というものです。

一応念のため。
Posted by at 2004年11月10日 01:33
一応念のための続きの一応念のため、
名前打ち込むの忘れました。失礼。
Posted by 映太郎 at 2004年11月10日 01:36
■映太郎さん

雑草の登場が多いですからね〜、マニアックなものもあるのかな。うちは、そこら辺にあるけどあんまり見栄えのしないものがメイン(笑)!

蕾の感じは確かに「アザミ」にもいているかも。同じキク科のお仲間ですしね〜。葉っぱはアザミほどではないですけど、切れ込むこともあるんですよ。

写真の個体の蕾は見え始めたばっかりのものなので、まだ小さくて直径5mmぐらいです。花は、長さにして1cm強でした。

花枝の茎が物凄く細いもので似たような種類…何でしょうかね〜。野草でキク科だとすると、、、

・キツネアザミ
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/kituneazami.html

・センボンヤリの閉鎖花
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/senbon-yari.html

・ガンクビソウの仲間
→URLが飛び出しちゃうんで、すみませんがグーグルで「サジガンクビソウ」を検索してもらえますか。

・ニガナの仲間の蕾か終わった後
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/nigana.html

こんなところでしょうか?

園芸種だったらどうでしょう〜???ん〜、思いついたらまた。

エラーのご報告ありがとうございました。自分が見てる分にはエラー出ないから、忘れていました。うちのブログでは文字コードがSHIFT_JISとEUC-JPが混在しているんですよね。それで、出ちゃうのかな〜とか思っています。JUGEPI!のBBSや秋味探検隊のリストがどういうわけかSHIFT_JISではダメになっちゃうんです。他のことが原因なのかもしれないんですが。スキルがなくてわかんないんですよ〜。

Seesaaブログだと、アドレスどころか、名前を入力しなくてもコメントはいっちゃうんですよね。名前はないと困るわけで、警告出してくれればいいんですけどね。って、映太郎さんだって、Seesaaじゃないですか〜。
Posted by hanaboro at 2004年11月10日 17:33
細かい情報、ありがとうございます。かなり参考になりました。
今後自分が写真を撮る上で、花だけじゃなく葉や茎も収めておいたほうが良いんだなーと再認識する良い機会になりました。
ホント、ご丁寧にありがとうございました。


それと、うちのHP(本館)にリンク貼らせていただいてもよろしいでしょうか??
不都合があればご連絡いただけると幸いですvv
Posted by 知三朗 at 2004年11月11日 19:48
■知三朗さん、こんばんは〜。

こちらこそ、茎についてのコメントをいただいたことがきっかけで、茎をまじまじと観察することができましたよ。うちも茎まではなかなか撮影できてませんでしたし。よいチャンスをくださってありがとうございました♪

リンクまでしていただけるなんて、大変嬉しゅうございます。知三朗さんところの本館にも伺ったことありますよん。「ギンリョウソウ成れの果て」のお写真には、やられたって思いましたよ(笑)。

ちなみにうちの方では「Myblog List」で、ブログの方をリンクさせてもらっていましたです。ご報告せずにすみませぬ。
Posted by hanaboro at 2004年11月11日 21:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。