2005年03月29日

オカタツナミソウ

オカタツナミソウ Scutellaria brachyspica


オカタツナミソウは、本州、四国に分布し、丘陵地の雑木林の林内や林縁などに生育する多年草です。草丈は10cm〜30cmほどですが、特に草丈の競合する他の植物が多いようなところでは、もっと丈が高く50cmほどになっているように思います。茎には毛がたくさん生えていますが、その毛が生える向きが下向きのことが多いというのもポイントです。

葉は対生してつき、茎の下の方の葉よりも上部につく葉の方が大きく生長する傾向があります。葉は長さ2cm〜4cm、幅1cm〜3cm程度のやや三角形に近いような卵形です。縁のギザギザ(鋸歯)は鋭くなく丸みのあるもので粗め。葉の両面に毛があって、裏面には腺点もあります。

オカタツナミソウ Scutellaria brachyspicaオカタツナミソウ Scutellaria brachyspica


花期は5月〜6月。茎の先の花序に青紫色の唇形花をつけます。花軸にも毛が多く、腺毛も生えています。花冠は長さ2cmくらいで、筒の部分が細長い。花序から出るつけ根のあたりで、クッと上に立ち上がります。よく似た種の「タツナミソウ (Scutellaria indica)」よりも、花穂が短くて縦方向で見ると密に花がつく傾向があります。特に咲き始めのころなどは、一番上の葉のあたりにやや集まったような状態になります。

花序の様子を打ち寄せる波頭に見立てて「立浪草」といいますが、タツナミソウの波頭の方が縦に高く立ち上がる感じで、オカタツナミソウの波頭は低く横に広がる感じです。

【和名】オカタツナミソウ [丘立浪草]
【学名】Scutellaria brachyspica
【科名】シソ科 LABIATAE
【撮影日】2004/05/15
【撮影地】東京都八王子市

■当ブログ内関連記事→タツナミソウ

posted by hanaboro at 17:03| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 花の後姿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月06日

アキノタムラソウ

アキノタムラソウ Salvia japonica


ガクの形は正面から見るより、花が落ちた後や後姿の方がよく観察できたりします。

これまで、現在掲載の画像を使って、記事の内容、タイトルともに「ナツノタムラソウ」としてまいりましたが、親切な方のご指摘により確認いたしましたところ、ご指摘いただいたとおりこの写真の個体は、「アキノタムラソウ」であることがわかりました。大変失礼いたしました。お詫びし訂正いたします。また、ご指摘ありがとうございました。(2005/05/23)

今後、もう少ししっかりと学んで、詳しい記事が掲載できたらと思っております。こんな頼りない管理人ですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。

【和名】アキノタムラソウ [秋の田村草]
【学名】Salvia japonica
【科名】シソ科 LABIATAE
【撮影日】2004/07/25
【撮影地】東京都八王子市

posted by hanaboro at 18:45| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 花の後姿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月03日

オキザリス・トリアングラリス

オキザリス Oxalis triangularis


ブラジル原産。春植えの球根植物で、初夏から夏にかけて開花します。秋には地上部が枯れるので、地上部がない状態で越冬します。写真の品種の葉は濃紫褐色で割と大き目、花は淡いピンクです。真夏の木陰で涼しげに咲いていました。オキザリスの仲間は葉も観賞価値があるものも多いですが、この写真からはそのよさはわかりませんね。

【一般名】オキザリス・トリアングラリス
【学名】Oxalis triangularis
【科名】カタバミ科 OXALIDACEAE
【撮影日】2004/08/02
【撮影地】東京都調布市

posted by hanaboro at 18:11| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 花の後姿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月01日

キバナコスモス

キバナコスモス Cosmos sulphureus


写真はキバナコスモスの後姿です。このキバナコスモスは東京の都心が40℃になった日にうつしたものですが、それはもう、今にも炎上してしまいそうな猛烈なオレンジ色でした。

キバナコスモスは、メキシコ原産のキク科Cosmos属の一年草です。主に秋に咲くいわゆる「コスモス(Cosmos bipinnatus)」とは同じ属ですが別種です。キバナコスモスは暑さ、寒さに強く、真夏の炎天下でもよく開花しています。

【和名】キバナコスモス [黄花秋桜]
【学名】Cosmos sulphureus
【科名】キク科 COMPOSITAE (ASTERACEAE)
【撮影日】2004/07/20
【撮影地】東京都立川市

posted by hanaboro at 17:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花の後姿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月29日

ヒマワリ・セーラームーン

ヒマワリ・セーラームーン Helianthus annuus


今回の写真は、ヒマワリ・セーラームーンの後姿です。このヒマワリは、全体小柄で、草丈が50cm〜60cmくらい、花は小さく直径15cmほどです。それになんといっても特徴的なのがその花色。よく分枝して枝先に淡黄色の花を咲かせます。開き始めのころは花びらに見える「舌状花」の付け根のあたりがやや黄緑がかっています。1個体に5輪〜8輪ほど花をつけ、一番花とそれ以外の花との大きさにはほとんど差がなく、開く時期もほとんどかわらない感じ。そのため、一株あたり同時に3輪ほど咲いています。

といっても、そういうこの品種のいいところは、今回の写真からはまったくわかりませんね。

【品種名】ヒマワリ・セーラームーン
【和名】ヒマワリ [向日葵]
【学名】Helianthus annuus
【科名】キク科 COMPOSITAE
【撮影日】2004/07/20
【撮影地】東京都立川市

posted by hanaboro at 19:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花の後姿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月27日

ヒマワリ・プラドレッド

ヒマワリ・プラドレッド Helianthus annuus


ヒマワリの花色は黄色というのが常識的ですが、この品種、プラドレッドの花色は見る人の主観によって様々で、赤という人もいれば、黒、茶色、赤紫などという人もいます。光線の加減でも違って見え、奥深く味わいのある花です。茎の色も濃い紫です。花の後側は赤茶色に朱黄色の太い覆輪。この様子は開きかかった状態のときのほうが満開時よりも観察しやすいかもしれません。

【品種名】ヒマワリ・プラドレッド
【和名】ヒマワリ [向日葵]
【別名】ニチリンソウ [日輪草]、ヒグルマ [日車]
【英名】Sunflower
【学名】Helianthus annuus
【科名】キク科 COMPOSITAE (ASTERACEAE)
【撮影日】2004/07/20
【撮影地】東京都立川市

posted by hanaboro at 18:39| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | 花の後姿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月26日

ヤマユリ

ヤマユリ Lilium auratum


ヤマユリは、本州中部以北の山野に分布している多年草です。生長とともに林の縁から斜めに垂れ下がるように伸びていくので、足元近くで花を見ることもありますが、茎の長さは1m〜2mぐらいにはなっています。葉の数も20〜30枚。関東地方の里山の代表的なユリなのですが、特別に保護されていない場所だと、開花個体は少なくなっているようですね。それでも直径20cm以上もある花が咲いていると、強烈な香りを放ち、その圧倒的な存在感で驚かされます。

ヤマユリ Lilium auratum


ヤマユリは、他の園芸種の「ユリ」と同じように、「鱗片(りんぺん:いわゆる球根の一部)」で殖えるのかと思っていましたが、自生地では種子で繁殖しているのだそうです。7月の開花後、種子が熟すのが11月。その種子が発芽するのは翌年の秋、さらに春にならないと地上に葉を出さないといいます。

つまり、種子ができて地上に姿が見えるまで、1年半かかるわけです。さらに開花までは4〜5年が必要です。日照条件がよければ、4〜5年で順調に開花個体に成長できるようですが、日照条件が整わなければさらに開花まで時間がかかるそうです。山野でこの花に出会えるということは、かなりラッキーなことなのだと改めて思うのでした。

【和名】ヤマユリ [山百合]
【学名】Lilium auratum
【科名】ユリ科 LILIACEAE
【撮影日】2004/07/25
【撮影地】東京都八王子市

posted by hanaboro at 20:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 花の後姿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。