2006年02月24日

お詫び

花図鑑のボロボロブログ!にお越しくださった皆様へ

先月中旬ごろからいろいろと当ブログ以外の諸々で忙しくいておりまして、更新やお返事などが滞っていました。それに加えて、今月中旬には父危篤の知らせを受けて、とるものもとりあえずというような状態で、あわてて帰省しておりました。残念ながら父の最期には間に合うことができず、それでも悲しみにくれるという間もないほど何やかんやの雑務に終われるような日々でした。遠方で生活していましたもので、現住所のある場所に戻って行わなければならない手続き等をこなすため一時戻ってきたところです。四十九日もまだですし、まだまだ落ち着いてブログを更新するという状態ではないのが実情です。

長い間、当ブログおよび、リングのことを放置してしまって、大変申し訳ありません。リングの方のお世話の方は、できる限り数日中には登録作業など体制を立て直したいと思っております。また、BBSなどでご連絡、ご心配いただいてありがとうございます。長らくお返事できずに申し訳ありませんでした。みなさまのお気持ちは大変うれしく思っております。今しばらく、勝手をお許しくださいませ。

わたしは、若輩者ではありますが、決して若者といえるほどの年齢ではありません。でも今はじめてわかる、そんないろいろな当たり前とも言えることを、ずっしりと思い知らされているようなところがあります。自分にとってのただ一人の父親という存在を亡くしてみて、初めて感じる人の一生の儚さや、生きているということの重みをもっと真剣に受け止めていこうと思います。しばらくは心の中の空洞を埋める作業が必要な気がしていまして、今までのような植物の記事を淡々と書き上げる自身がないので、また更新が滞ってしまうと思います。どうが、しばらくお時間をくださいませ。

少しずつ春めいてきているとはいえ、まだまだ寒い日が続いています。どうかどうか、皆様、お体だけはお大事になさってください。そして、どうか皆様にとって大切な方たちに優しい気もちで接してあげてください。たくさんの後悔をしないために。。。
posted by hanaboro at 18:42| 東京 🌁| Comment(95) | TrackBack(8) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

ゆりのきファン発足

ゆりのきファンになってみませんか

一月ほど前、いつもと変わらない感じで「ユリノキ」の記事をアップしておりましたら、とてもうれしいことに思いがけず、たくさんの方にコメントをいただきました。そのとき、身近なところにたくさん植えられている木なのに、どうしてなのか、あまりよく知られていないことがあるという話がありました。チューリップのような花が咲くのですけれど、背が高すぎて実際にはよく見えないからなのかな、なんて思ったりもしますよね。でも、一度、この木の存在に気づくと、その愉快な花や葉に魅了されるのではないでしょうか。ユリノキって、とっても見た目の楽しい木なんですよね。花も葉も、そして果実とその終わった後の姿も。

わたしのまわりのごく狭い範囲では、まあ、ちらほら見られる程度で、そうたくさんはないのですが、東京の新宿御苑では、「公園おさんぽ日記」のはもようさんの記事、「新宿御苑のユリノキ」で見せていただけるように、本当に立派なユリノキを見ることができます。もう、いつまででも見ていたくなるほどの素晴らしい木ですよ。

ということで、このたび、ようやく、「ゆりのきファン」というものを作ることになりました。この「ゆりのきファン」は、特に難しい決まりごとはありません。ただ、ユリノキが好きだ!というただそれだけが条件です。具体的には、バナーをご自分のサイトに貼っていただくだけです。できれば、バナーを貼ってくださったら、こちらにお知らせいただけるとうれしいです。そのバナーというのはこの記事の下の方にあります。

バナー。ようやく今日になって大急ぎで作ったのですが、実ははもようさんの方が、一足早く素敵なワッペンと細長いのを作ってくださいましたよ。「青葉と花の初夏バージョン」と、「黄葉と実の秋バージョン」。大きさも2つずつ。花、葉っぱ、果実、ユリノキの魅力もしっかりわかるし、とてもおしゃれでかわいいですよ。ぜひ、はもようさんのところの「ゆりのき ファン 倶楽部」でご覧になってくださいね。

これを見せていただ後では、とても恥ずかしいのですが、一応、言い出した本人でもありますので、わたくしも作らせていただきました。ごくふつうのHPのバナーサイズ「88x31」の3種類です。

ゆりのきファン ゆりのきファン ゆりのきファン


上にあるhanaboro作成のバナーは、自由にご利用いただいて構いませんよ。お好みのバナーがあれば、ぜひみなさんのサイトのどこかに貼って、ユリノキの面白さみなさんに教えてあげてくださいませ。画像はどうか一旦お持ち帰りいただいて、ご自身のサーバーにアップロードしてお使いいただけると幸いです。

はもようさんのところのワッペンは、まだ許可を得ておりませんので、ご使用ははもようさんに許可をいただいてからということで、しばしお待ちくださいませ。はもようさん。いやぁ、本当に、暮れの忙しいときに、ありがとうございました!

もしよろしかったら、みなさんもバナー作ってみませんか。何かご要望などありましたら、お気軽にどうぞ。

■TrackBack : 「公園おさんぽ日記」さんの記事「ゆりのき ファン 倶楽部

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 20:08| 東京 ☀| Comment(32) | TrackBack(7) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月26日

このサイトについて

花図鑑のボロボロブログ!



こんにちは。「花図鑑のボロボロブログ!」管理人のhanaboroです。

ここは、日々、目にするいろんな植物たちのボロボロな姿に焦点をあてたサイトです。自分はこれまで、咲いている花だけを見てだいたいの名前がわかれば、それで見たつもりになって満足していました。それがあるとき、フィールドでふと自分のまわりを見わたしてみると、わからない植物があまりに多くて結構ショックでした。この節穴ぶりをなんとかして、もっとちゃんと植物を見ようと思い、写真は花だけではなくいろんな部分も撮影して、後からでもじっくり見られるように心がけようになりました。ボロボロな姿の写真はその延長です。

ボロボロな姿を写すようになってよかったことといえば、フィールドで花がなくてもがっかりすることがなくなったことでしょうか。時期を逃していてもストレスなく快適な散策ができるようになりました。こういうブログをやっていはいますが、一応ちゃんと咲いている花の写真も写すんですよ。

しかし、ボロボロな写真をブログに載せるまでには、まだちょっといろいろありました。最初のブログは、ごくごく一般的な花の写真をのせた日記だったのです。ところが、ちょっとやけくそな気分になることがあって、身も心も、ブログも写真もボロボロだぁ〜などと思えて、この「花図鑑のボロボロブログ!」ができたのでした。

ということで、ここでは美しく咲いている花の写真が掲載されることはありません。最初はボロボロな写真日記で出発したのですが、ブログ名に「花図鑑」と入れてしまったからでしょうか、検索サイトから「花図鑑」できていただくことも多くなりました。そこで、なるべく図鑑的なことも書いていこうと考えるようになり、過去の記事も含めて、内容を見直しているところです。

ブログですので書いた順番に記事が並び、一番新しい記事が自動的にトップに表示されています。更新された情報がすぐに目に入るというメリットは大きいですが、過去の記事が埋もれていきがちです。どちらかというと植物の図鑑のようなサイト作りに使うよりは、観察記録など日記的に使う方が適しているのかもしれません。とはいうものの少しづつですが記事数も増えてきましたので、ブログを図鑑としてうまく活用できないものかといろいろ考えているところです。

花図鑑というにはお粗末ですが、過去の記事も探していただきやすいように、植物名目次花色の目次花期の目次をつくっています。よろしかったら、どうぞご利用ください。

植物名目次 花色の目次 花期の目次

また、記事内容に関して何かありましたら、コメントか右サイドバーのミニBBSに書いていだだけるとうれしいです。リンクはフリーですのでご自由にどうぞ。とくに連絡も必要ありません。

今日は、お越しくださってどうもありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いします。

→管理人へのメール





posted by hanaboro at 21:00| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(1) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。